飲み会

恋愛がうまい女子は、なぜ恋愛がうまいのでしょう?
それは、人を見る目があるからだと言えます。

つまり飲み会のような「なんでもない」場所でも、したたかに人を観察していて、「あの女子のあの態度では、男をゲットできないよな」とか、しれっと観察をしているのです。

すると、その女子はやっぱり男をゲットできない。

だから、あたしがその彼のとなりに座って、彼をお持ち帰りする……というような、ハイエナも真っ青の女子って、世の中にいます。

そういう女子たちに、「飲み会で理想の男性に出会えない女性の特徴」について聞いてみました。
さっそくご紹介しましょう!

飲み会

①相手のルックスと性格に、寄せてゆけない

「飲み会みたいに、男子がやる気になっている場所でも、いい男子をゲットできない女子って、だいたい相手のルックスと性格に、寄せていけないんです」(25歳・ネイリスト)

つまり、ルックスと性格をちょっと妥協して、納得できるポイントを探っていないということです。

②条件が厳しすぎ

「年収、ルックス、職業。この条件が厳しいと、当然、理想の男子なんてゲットできるはずないです」(28歳・役員秘書)

たとえば医者の男性だけを集めた合コンというか、飲み会があったりします。

そこには、何としてでも医者と恋愛したい女子が参加しています。

当の医者に言わせると「鼻息が荒い女子」が多くて……と苦笑い。
先日、取材で聞きました。

鼻息が荒い女子が苦手なので、彼は近所のスナックで飲んでいます。35歳です。

医者は医者で「条件が厳しすぎる女子は勘弁」と思っているようで。

なかなか需要と供給がマッチしないものです。

③でしゃばり

「でしゃばりで、人の話を聞かない女子って、たいてい、飲み会で不作に終わりますよね(笑)」
(31歳・医療事務)

「おれがおれが」の時代ですから、「あたしがあたしが」という女子がいてもちっともおかしくないですよね。

でも、Facebookでリア充自慢する時代にあっても、日本人が「奥ゆかしさ」を大事にするのは、DNAに刻まれてるんでしょうね。絶対に。

④飲み会慣れしている

「飲み会慣れしている女子って、残念な結果になることが多いなと、しれっと見ていて思います」(28歳・モデル)

ハイエナも真っ青の女子に「飲み会慣れしている女子」と烙印を押されるようでは……何だかなと思いますが。

でもまあ、場慣れしているかどうかは、見る人が見るとわかりますもんね。

いかがでしたか?

では、どういう女子が、飲み会で理想の男性に出会えるのか?

意地悪な言い方かもしれませんが、それはケースバイケース。

人は等しく、なにも持たずに生まれ、愛を知って、ひとりでこの世を去ってゆくわけですから、

「あたしもいつか白馬の王子さまに出会える」と信念を強く持って、へこたれることなく、せっせと飲み会に参加するのがベターってことではないでしょうか。(ひとみしょう/ライター)

(愛カツ編集部)