別れ

恋人との別れは誰だって辛いもの。

急に振られた方はどうしてこうなったのかパニックになり、振った方は悪者にならなければいけません。

最近では、付き合い始めも別れもメールや電話、LINE上などで済ませるカップルが多いようですが、

こういった大事な話はしっかり顔を合わせて話し合いたいものです。

相手に納得してもらうのも、振る立場としては大事にしたいところ。

では、どのように伝えれば彼に別れを納得してもらえるのでしょうか。

別れ

はっきりと別れを伝える

別れ話というのはなかなか言いにくいもの。

しかし、そこは気持ちをしっかりもって、はっきりと別れを告げましょう。

最初は「どうして?」、「別れたくない」、「悪いところがあれば直すから」など、別れなくてもいいよう説得されるかもしれません。

そこで雰囲気にのまれて、「じゃあ、もう1度だけやり直してみようか」となってしまうと、また同じことの繰り返しになりかねません。

別れる理由がはっきりしていて、もう別れる以外考えられないのならば、その理由もしっかりと彼に説明し、わかってもらえるよう努力しましょう。

今まで何度も同じようなことで揉めていたのなら、また、同じことで揉めるのは目に見えるはず。

場合によっては、優しく諭すように言うのではなく強気な態度で、もう心は決まっていると訴える方が、わかってもらえるかもしれませんよ。

彼が納得するまでとことん話し合う

どんなにはっきり別れを告げても食い下がり、彼がなかなか首を縦に振ってくれないという可能性もあります。

そんなときは、彼が納得するまでとことん話し合ってあげてください。

自分の気持ちは伝えたからどうでもいいという態度では、彼だって納得できるはずありませんよね。

彼はどのような気持ちで一緒にいたいと思っているのか、それに対して自分はどう思っているのかなど、

彼の話も聞きつつ、あなたがどのような経緯で別れるという決断をしたのかをしっかり伝えましょう。

付き合いが長ければ長いほど、話し合いの時間は長引くかと思いますが、これは最後のけじめだと思って向き合いましょうね。

今は別れを決めた相手だとしても、1度は一緒にいたいと思って付き合いだしたということを忘れずに、最後まで誠意をもった態度でいてくださいね。

感情的にならない

気を付けなければいけないのは、感情的になってはいけないということ。

彼は、今まで一緒に過ごしてきた人に別れを告げられている状態。もちろん感情的になっていることでしょう。

そこで、あなたまで感情的になってしまうと、口論になってしまい、思ってもいないことを口走ってしまう可能性があります。

別れを告げられた彼は自分が全否定されているような感覚に陥ってしまっているので、つい口調が乱暴になってしまうかもしれません。

それに対抗して心無いことを言ってしまったら…。

彼はもう立ち直ることが出来なくなってしまうでしょう。

最悪の場合喧嘩別れになってしまい、今まで過ごしてきた時間も全て苦い思い出になってしまいますよ。

恋人を振る場合、自分が悪者になって不満をぶつけてしまった方が別れるには簡単なのですが、出来れば円満にお別れをして、彼が次の恋に前向きになれるように配慮したいところですね。

別れ話の前にはサインを送る

前日までいちゃいちゃしていたのに、日が変わった途端「別れよう」というのはさすがに酷ですよね。

「昨日は普通だったじゃん!」など、責めたてられても文句は言えません。

言動と行動が矛盾しないよう、別れを決意した日からは連絡を徐々に少なくする、そっけない態度を取るなど、さりげなくサインを送ると、別れ話のときに「そういえば最近連絡してこなかったよね。

こういうことだったんだ」と悟ってもらうことが出来ます。

ただ、人によっては『最近態度が冷たい…。浮気でもしてるんじゃないか』など、態度が変わったことに敏感に反応し、機嫌を取ったりデートに誘われたりと、あなたを探るような行動を起こすかもしれません。

そんなときは別れを切り出すチャンスだと、思い切って話を切り出してみてください。

最初はビックリするかもしれませんが、彼も心のどこかでわかっていて、覚悟しているのかもしれませんよ。

 

いかがでしたか?

別れ話は気合いを入れて望まないと、彼に言いくるめられてズルズルと付き合い続けてしまうということになりがち。

1度決めたこと、言ったことは簡単に覆すことなく、強い気持ちをもつことが大切ですよ。

彼に少し「別れたくない」と言われただけで別れるのをやめるぐらいの気持ちなら、最初から別れようとは言わず、彼の直してほしいところだけを伝えるようにしましょうね。(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)