2018.3.23

女性というのはその時のトレンドを積極的に服装に取り入れたいと考えているもの。雑誌などでも必ず次にくるアイテムが掲載されていますよね。

しかし、一方で女性のファッションの流行というのは男性には理解できないものが多いのだとか…。ではどんなファッションが男性にNGなのでしょう?

そこで今回は男性が理解に苦しむ女性のファッションと男性がして欲しいファッションについて調べてきました。

■1、男性から不人気のNGアイテム

女性が男性のファッションにときめきを感じるように、男性もまた女性の服装で一喜一憂しているんですね。流行を追うのは女性にとって欠かせないと言っても良いものですし、モデルさんの着こなしを見ていると自分でも取り入れやすいと考えてしまいます。では最近の流行で男性から「これは無いかな…」と思われているアイテムを見ていきましょう。

・丸メガネ

近年流行している丸メガネ。サングラスなどで取り入れている方も多いのでは?しかし、男性からはこんな意見が…

「顔とバランスが合ってない」(20代男性・会社員)

「マンガの中の人?って感じがする」(30代男性・経理担当事務員)

・サッシュベルト

ウエストを細く見せる効果があると女性に人気があった商品ですが男性からは辛辣なお言葉を頂きました。

「格闘アニメのキャラクターかと思った。シンプルにダサイ」(20代男性・美容師)

「相撲取りみたいに見える…」(20代男性・医療関係)

・ワイドパンツ

幅が広くゆるっと着られて、トップスでスッキリ見せている分ボトムスで抜け感を出すスタイルですが男性からはかなり不人気なようです。

「なんであんなダボダボしてるの?理解できない」(30代男性・IT関係)

「女性らしさを全然感じない」(20代男性・広告代理店勤務)

・靴下プラスサンダル

シンプルなサンダルに柄物の靴下を合わせて個性を出すファッションですが、男性には理解できないようです。

「ダサイおっさんみたい」(20代男性・サービス業)

「素足にペディキュアが可愛いのにどうして靴下を?!」(20代男性・土木関係)

このように女性にとっては流行の最先端であっても、男性陣には理解ができないファッションが多いようですね。

■2、自分の骨格に合った服装がカギ!

自分が好きなテイストの服装と、自分に似合う服装というのは違いますよね。自分に合った服装をすることであなた本来の魅力が引き出され”おしゃれ度”を上げてくれます。また体型が変わっても、骨格は変わりませんから自分の骨格タイプを知っていれば自分に本当に似合うものを見つけることができます。では具体的な骨格タイプを見ていきましょう。

1、ストレートタイプ

筋肉量がつきやすくてメリハリがついた体型。体のバランスは上半身に重心があり、出るところはでて引き締まるところはキュッとしている体型になりやすいのもこのタイプの特徴です。似合う服装は「シンプル」なもの、ベーシックなシャツスタイルやキレイ目なデニムのパンツなどが良く似合います。

2、ウェーブタイプ

肌が柔らかく、骨が細いのが特徴。平面的な体型で、筋肉よりも脂肪がつきやすいため注意が必要。全身のバランスは下半身に重心があります。似合う服装は「フェミニン」な女性らしいもの、フリルや丸襟で装飾があるデザインやシフォン素材などがお勧めです。

3、ナチュラルタイプ

骨格ががっしりとしていて関節の大きさが特徴。新調は別として手足が長く、各パーツごとに力強さを感じます。凹凸が少ないので、重心のブレがありません。ロングカーディガンなどの縦長効果があるものや、ドルマンスリーブといったゆったりしたデザインが似合います。

自分の骨格に合った服装をするだけで、スタイルが良く見え着やせ効果も得られます。また、流行に左右されずおしゃれ感が出ますから服に困ることもなくなるのです。

■3、男性が女性に着て欲しい服とは…

では実際に男性が女性に着て欲しいと考えている服装ってどんなファッションなのでしょうか?基本的な情報として「女性らしさ」を感じられる服装が好感度を上げる鍵なのだとか。ワンピースやスカートというのは言わずもがな人気が高く、トータルの服装で見て可愛らしさや女性らしさを感じるものが良いのですね。

もう一つ重要な点として「露出は適度に」がポイント!男性は露出を喜んでいると思っている女性も多いようですが、行き過ぎた露出は下品で安っぽい印象を与えてしまいます。

ですから、例えば鎖骨やデコルテを活かせる抜襟のシャツやすっきりと足が魅力的に見えるペンシルスカートなどは程よい露出と言えるでしょう。さいごに大切なのが「スタイルと色使い」です。

これが男性にとって最もおしゃれさや可愛さを感じるポイントになるのだそう。これらを意識して取り入れてみると、男性ウケもバッチリな服装に仕上がるのではないでしょうか。

いかがでしたか?女性からは支持の高いトレンドの服装も男性にとってはクエスチョンマークが浮かぶものだと言うのがわかっていただけたのではないでしょうか?

自分に本当に似合うスタイルを見つけて男性の視線を独り占めしちゃいましょう!(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)