ギャンブル男

パチンコや競馬など、ギャンブルが好きな男性って多いですよね。

お小遣いの範囲内で、趣味程度に遊ぶのならともかく、借金を抱え込むまでのめり込んでしまうのは、後々トラブルにも巻き込まれやすくなってしまいます。

そのような事態は絶対に避けたいところですよね。

では、ギャンブル癖のある彼に改心させるには、どのように話せば心に響いてくれるのでしょうか。

ギャンブル男

『あなたのため』ではなく、『わたしのため』

いくらギャンブルをやめて欲しいからといって、

「あなたのためにならないから、ギャンブルをやめて欲しい」というような言い方だと、

「どうして俺のためにならないと思うんだ!」と反発されてしまいます。

「お前は俺の楽しみを奪うのか」と言われてしまうと、返す言葉も見つかりませんよね。

どうせ『やめて』と言うのなら、「あなたがギャンブルで借金をして苦しむことがあると、わたしがすごく悲しい…」という風に、

『わたしのためにやめて欲しい』という言い方に変えてみましょう。

『自分のせいで彼女が悲しんでいる』ということを彼に気付いてもらうことが出来れば、ギャンブルに行くのを我慢してくれるかもしれませんよ。

上から押さえつけるのはNG!

男性はプライドの高い生き物なので、彼女に上から物を言われるのを嫌います。

「ギャンブル禁止って行ったよね?」など、押さえつけるような言い方をするのだけはやめましょう。

だからといって下手に出過ぎるのも、彼に「1度くらいなら…」という気をおこしてしまいます。

「ギャンブルには行かないって、約束してくれる?」など、『禁止』というよりは『約束事』にしてしまったほうが、彼も行きにくくなりますよ。

ギャンブルに行くという行為に、罪悪感が生まれるようになれば、

彼も『彼女と行かないって約束したし、今日はやめよう』と思いとどまってくれるかもしれません。

『今日はやめよう』が何度も続けば、ギャンブルが日課だった彼も、いつの間にか『ギャンブル癖から抜け出せている!』と、なるのかもしれませんね。

目に見えて回数が減ったら褒める

褒められてイヤな気分になる人はいませんよね。

男性でもそれは同じ事。

ギャンブルに行く回数が目に見えて減ったと思ったら「最近ギャンブルしてないんだね!すごいね!」と、褒めてあげましょう。

また、『〇日間ギャンブルに行かなかったらご飯デート』など、日にちを決め、2人でちょっとリッチな食事デートをするのも有効。

『物で釣るのは…』と思うかもしれませんが、相当ギャンブルに入れ込んでいる人には、それぐらいのご褒美を用意しないとやめられないのも事実。

人によっては「食事に行くぐらいならパチンコ行った方がいい」と思う人もいるかもしれません。

そうならないためにも、彼に合わせた、普段よりちょっと特別なデートプランを立てることをオススメいたします。

ギャンブルに代わる何かを一緒に探す

ギャンブルというのは趣味の一種として楽しむ人が多いですよね。

しかし、ハマるとあっという間にお金を使い果たしてしまう、恐ろしい趣味。

どうせお金を使うのならば、ギャンブル以外の趣味を一緒に探してみましょう。

「実はわたし、前から〇〇に興味があったんだ!一緒に行ってくれる?」など、お願いするような形で誘ってみるのがGOOD!

彼女と同じ趣味を見つけることで、頭の中からギャンブルが離れやすくなりますよ。

1度頭の中からギャンブルが離れてくれれば、あとは他のことに注意を向けることで少しずつギャンブルなしの生活に慣れさせていくと、

『気付いたら最近ギャンブルしていない!』というところに落ち着くかもしれませんね。

いかがでしたか?

ギャンブルが好きでしている人は、ギャンブルに対しての偏見が気に入らず、

あなたのちょっとした発言1つによって、またギャンブル生活に後戻りしてしまう可能性も秘めています。

そうならないためにもアメとムチを使い分けて彼をコントロールできるようになりましょう。(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)