デート

デートに行くとき、何を持っていこうか迷ってしまうときってありますよね。

いろんな可能性を考えてカバンに詰めていくと、せっかくの可愛いカバンがフグのように…。

持っていると必ず使う、いろいろなリスクも回避出来る持ち物を、5つにまとめてみました。

さっそくチェックしていきましょう!

デート

1:ハンカチ・ティッシュ

ハンカチとティッシュは、デートのとき以外にも持っていたい物ですね。

・ランチ中にテーブルにこぼしてしまった

・お手洗いで手を洗ったあとに拭く

・ケガをしてしまったときに冷たく濡らして当てておく など

使い道はいろいろ。

男性は、女性ほどハンカチ・ティッシュを持ち歩くという習慣がないので、ここで持っておくと女子力をアピールすることができますよ。

2:口臭・体臭ケアグッズ

ガムや口臭スプレー、ボディシートや制汗スプレーを持ち歩くと、彼と近づいた時に焦らなくて済みそうです。

口臭・体臭ケア用のスプレーは、持ち運びのしやすい小さいサイズのものもあります。

カバンに忍ばせておくことで、お手洗いのときにササッとケアすることが出来ますよ。

ただ、自分だけガムを食べていると、彼も自分の口臭を気にして近くに寄ってくれないかもしれません。

食事のあとに「お口直しにガム食べる?」と彼に勧めると、彼も安心してあなたとの距離を縮めることが出来るかもしれませんね。

3:絆創膏や鎮痛剤・胃腸薬

何かあったときのために、絆創膏や鎮痛剤・胃腸薬を持っていると安心です。

デート先の食事が、思いのほか胃もたれしてしまうということもありますよね。

彼が「さっきの店で食べ過ぎた」と言ったときに、「胃腸薬あるよ!」と取り出せると、

気が利くと思ってもらえ、その後も楽しくデートを続けることが出来ますよ。

薬は、瓶や箱のまま持参するより、小さなポーチに可愛く入れて持ち運ぶのがGOOD!

筆者は常に絆創膏2枚と鎮痛剤と目薬を手のひらほどのポーチに入れて持ち歩いています。

薬や絆創膏1つ取りだすにしても、女子らしさを忘れないようにしましょうね。

4:髪留め

彼と食事をするときに髪の毛をさっと縛ると、男性からは好印象!

ショートヘアなら心配ないですが、髪が肩にかかるような長さだと食事に髪の毛が入らないのかも気になります。

女性が髪を縛っている姿は男性から見て色っぽく映り、同時に清潔感もあるので関心されること間違いなし!

ゴムで縛ると髪にあとが残るから嫌だという場合には、髪の毛にあとが残りにくいバナナクリップというものもあります。

1つ髪をまとめるものを持っていると、彼の自宅で手料理を振る舞う時なんかにも使えるため、とっても便利ですよ。

5:メイク直しグッズ

朝は完璧だとしても、お昼頃から夕方にかけて少しずつ崩れていってしまうのがメイク。

お手洗いに行ったときには、毎度確認しておきたいですよね。

すぐにメイクが直せるように、メイク道具も最小限にしておきましょう。

綿棒やフェイスパウダー、潤いも保てるよう小さなスプレータイプの容器に化粧水を入れたものを持ち歩くと便利です。

目の周りのヨレは、男性も一番気付きやすいところ。

小まめにチェックして、メイク崩れを防ぎましょう。

いかがでしたか?

女性はちょっとお出かけするだけでも荷物が多くなってしまうもの。

荷物を持ってきすぎて財布がなかなか出てこない、ハンカチが探せないなど、カバンをガサガサやればやるほど男性から一歩引いた目で見られてしまいます。

カバンの中をキレイに整頓し、スマートに物を取り出せるよう、本当に必要なものだけを入れていきましょうね。(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)