一般的には悪くない、というかむしろ魅力的で、男性に好かれるタイプの女性なのに、

意中の男性にだけ好かれない女性がいます。

多くの男性には好かれているのに、自分の好きな人だけに好かれないのです。

その結果、なかなか恋がはじまらない……という人は男女ともに少なくないのです。

では、なぜ一方通行の恋が発生するのでしょうか? 理由を説明したいと思います。

①相手のタイプではない

理由はさまざまですが、ほとんどのケースにおいて当てはまるのは、あなたが相手にとってタイプではないということ。

これはあなたが努力をしても埋められないのです。

誘っているのに、いまいち相手が乗ってこない。とは言っても、相手も大人ので露骨に避けられるわけでもないですから、

「彼は、わたしに気があるのかも」とポジティヴに受け止める人も多いと思います。

でも、ほとんどの場合、この希望的観測は外れています。

アプローチを掛けても近づいてこないのは、繰り返しになりますが、あなたのことがタイプではない、それに尽きます。

残酷ですが、あなたが声をかけて反応しない彼も、他の人からのアプローチだったら反応するかもしれません。

②ありのままの自分、を好きになってくれる人はほぼいない

ありのままの自分を受け入れてくれる人がいれば良いのですが、残念ながら世の中の女性はあなただけではありません(男性にも同じことが言えます)。

したがって、ありのままのあなたを受け入れる以前に、他にいいな、と思う人がいれば、そちらに向かってしまうのは避けられません。

そこで、大事になるのは、「まずは相手に好かれるように努力してみる」こと。

「全てを受け入れてもらう」という、確率がとても低い賭けをするよりは、まず、「相手の心をつかむ努力」をするほうが、好きな人と付き合える可能性は高くなります。

相手の心をつかむことには、まず信頼されるところから。

初対面の相手には、相手の話を十二分に聞いてあげて満足してもらう。

信頼されるようになってから、じょじょに自分のことを話すのがおすすめです。

そして、とにかく相手をよく知るようにしましょう。

一方的に好き好き、と言ってアプローチをかけるのは失敗への近道に他なりません。

相手がどういう性格で、何をしたら喜ぶのか、一方でどんなことが嫌いなのか。

まずは友だちとして、会話を重ねていろいろな点を知るのです。

③そもそも相手が恋愛モードか?

そうやって、相手の心に踏み込むことができても、相手に恋愛する気がなければ、すべてが無駄になってしまいます。

男性には、恋に気が向かない時期が確実に存在します。

たとえば、仕事が充実しているとき、もしくは反対に仕事で苦境にあるとき。

そんなときに、恋愛に割く時間は無いと思って良いでしょう。

反対に、仕事が一段落したとき、前の恋が終わって整理がついたとき、などは恋愛モードに入りやすいと言えます。

良くも悪くも、何かがピークの状態にあるときは恋愛が入り込む余地は無いのです。

まさしく、恋はタイミング。

意中の彼が現在どういったモードにあるかまで、よく把握したいものです。

(愛カツ編集部)