甘え下手

こんにちは恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

あなたの周りにもひとりはいるのではないでしょうか?

“ザ・甘え下手”なタイプの女性が。

ぶりっこと敬遠されてしまう甘えはもちろん控えたほうが良いですが、

“かわいげがない甘え下手”はとても勿体ないです。

うっかり“かわいくない甘え下手”になってしまっていないかチェックしてみてくださいね。

甘え下手

1:もじもじ照れ屋さんタイプ

人前だと緊張してしまう女性や、恥ずかしがり屋、照れ屋タイプは、自己主張が不得手ですよね。

「おくゆかしい」と思ってもらえるなら良いですが、「うじうじ暗い」「自分の意見がない」と見られてしまうと非常にもったいないです。

2:なんか怖い!プライドの塊タイプ

周りから時々、「こだわりが強い」「プライド高いね」など言われることはありますか?

ドキッとしたなら要注意!プライドが高い女性、

こだわりが強い女性は、人に甘えるのが苦手な傾向があります。

周りからも「甘えてもらえる」というイメージがないため、助力を申し出にくいです。

そのため、ますます甘えにくい環境になる……という負のループに。

3:頼ったら負けだ!ど根性タイプ

「人に甘えたら、負けたことになる」「頼るなんて、自分が下になる気がする」と、躍起になってしまうタイプ。

そんなに肩肘はらなくて大丈夫だよ、いつでも頼ってくれていいんだよ、と周りは思っているかもしれません。

勝ち負けを捨てて頼ることで甘え上手に近づけます。

4:気づかいが気疲れになるタイプ

「嫌がられるかも」「ほんとは迷惑に違いない」と、相手への気づかいで遠慮してしまうタイプ。

人に何かお願いすると、大きな借りを作ったように感じ、負担に思ってしまうタイプです。

まずは心から信頼できる人に、小さなことから甘えてみて「迷惑と思われなかった」という成功体験を積むのもオススメです。

いかがでしたか?

甘え上手になりたいと思いつつ、仕事をバリバリしなくてはならない環境などで、

つい“かわいくない甘え下手”になってしまう女性は少なくありません。

今回の記事でドキッとなさった方は、ほんの少しでいいので、小さなことから甘えてみてはいかがでしょうか?(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)