ストーカー予備軍

ストーカー予備軍男子は、早い段階で対処

こんにちは、神伊 里砂です。

恋愛が拗れると、今まで大好きだった彼がもっとも危険な存在に豹変してしまう事があります。

「可愛さあまって憎さ百倍」という言葉もあるように、自分の思いが届かなとどうして良いのか分からず、

相手に危害を加えてしまう人がいるのですね……。

そこで、今回は最悪な状況にならない為にも「ストーカー予備軍男子の特徴」をご紹介いたしますので、

「少し危険かも」と思った場合は早い段階で対処した方が良いでしょう。

ストーカー予備軍

ストーカー予備軍1:不満を抱きやすい

他人や環境のせいにしたマイナス発言が多い男子は危険度が高いです。

「上司が自分を認めくれない」、「友達がバカばっかりで困る」など、

上手くいかない事を相手のせいにしてイライラしている事が多いと感じる場合は、少し反対の意見を出して彼の反応を見て下さい。

あなたの話を受け入れるようであれば問題ないですが、

「誰も自分の事を理解してくれない」などと逆上し、怒りの矛先があなたにむいたら交際を考え直した方が良いでしょう。

ストーカー予備軍2:相手の気持ちを考える事が出来ない

一緒に出掛けた時の行動を良く観察すると見えて来るのですが、

食事に行った時の店員への態度が横柄だったり、電車でのマナーが悪かったりなど、周りに対する行動に配慮がかける男子は気を付けましょう。

被害者意識が強く思いやりの心を持てない人は、自分を傷つける相手に態度を豹変させる可能性があります。

自分の行動で相手がどう感じるかを考える力のない男子は恋愛対象にはしない事です。

ストーカー予備軍3:束縛が激しい

やきもち程度なら可愛いものですが、帰りが遅くならない職場に転職を求められるとか、

何をするにも彼の許可がいるとか、あなたの生活に支障が出る程の束縛をされる場合はすでに片鱗を見せています。

“束縛=愛されている”と捉える女子もいますがそれは間違いです。

相手個人を尊重出来ない人とは、この先うまくいく事はないでしょう。

以上、今回は「ストーカー予備軍男子の特徴」をご紹介いたしましたがいかがですか?

人間なので、その時の精神状態で不安定になる事もありますが、

常に怒りっぽい、感情の起伏が激しいと思うような事があれば、

一人で抱え込まず周りに相談してみましょう。(神伊 里砂/ライター)

(愛カツ編集部)