浮気男の本音と建前

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。今回のテーマは、浮気する男性が使う「本音と建前」について。

世の浮気する男性は、浮気という成功体験を1回でもすると、その味が忘れられなくて何度も繰り返す傾向にあります。すると、自然と「本音と建前」のスキルも上達するわけです。

今回は、浮気男が使いがちなセリフから読み取る「本音と建前」の定番をご紹介します。こんなセリフを多用する男性には要注意ですよ!

浮気男の本音と建前

1、浮気したことある?に対する本音と建前

男性に「浮気とかしたことある?」と、ふいに聞いたとします。ここで「浮気の定義って何?」と逆に質問返ししてきた男性は、ほぼ間違いなく浮気したことアリです。

建前上、真面目にあなたと「浮気」についての価値感の違いについてディベートしたいように見せておいて、本音は一瞬に不意をつかれた焦りからの時間稼ぎでこのフレーズを挟んできたと思っていいです。

そして、あなたとの関係性を考えて「浮気したことがある」と言ったほうがベターか、それとも「浮気をしたことがない」と言ったほうがベターかを考えているわけです。

もうひとつの可能性は、「浮気の定義って何?」と聞くことによって、あなたが浮気に対してどこまでの許容範囲があるが試している場合もあります。あなたが「私の以外の女と二人でご飯に行ったら、それは浮気!」なんて言ったら「この子はガードが固い」と浮気男は分析するでしょう。

2、好きなタイプは?に対する本音と建前

本音と建前

浮気男に「好きなタイプは?」と聞くと、「優しい人」「一緒にいて楽しい人」と建前的には言うでしょう。

本音は「新垣結衣」などの固有名詞だったり、「スタイルが良い」などのピンポイントなこだわりがあったりしますが、浮気男の場合は常に浮気のチャンスを狙っているので、目の前のあなたも対象に入ってるように思わせる抽象的な表現をするのです。

逆に、「好きなタイプはガッキー!」「スタイルが良い子!」と堂々と答える人や、好きなタイプの芯がブレない人は、浮気男の可能性は低いと言えるでしょう。

3、私のことどう思う?に対する本音と建前

浮気男

男性に「私のことどう思う?」と聞いてみてください。

浮気男の場合、「魅力的」「一緒にいて落ち着く」といった、一見女性が言われて嬉しいことを言いがちです。

実は彼女、奥さん、他にも浮気相手がいて、浮気男の中にも優先順位があるので、あまり「愛してる」「大好き」などのフレーズを安売りしたくない本音が隠れています。

愛情表現はあっても、このようなフレーズをなかなか言ってくれない男性は、もしかしたら本命がいるのかもしれません。

4、モテる?に対する本音と建前

浮気男に「モテる?」と聞くと2パターンの答えを言うはずです。

ひとつは「全然モテない」という建前の答え。この裏には、浮気をしてる自分への罪悪感を隠したいという本音があります。本当に全然モテない男性が言っている場合もありますが……それはその人の雰囲気で判断できるでしょう。

もうひとつは「マニアにはモテる」という発言。これは、好きな人にはたまらないみたいという自信の現れです。

おわりに

浮気男には彼女や奥さんがいることが多いので、浮気する相手にめちゃくちゃ高いクオリティを求めていません。

彼らは浮気するという行動に刺激を求めているだけなので、一本釣りでピンポイントなアプローチをするより、広くエサをまいてひっかかったらラッキー!的な余裕の気持ちで臨んでいる場合が多いのです。

ここで紹介した「建前」を多用する男性には、その隠れた本音に注意してくださいね。浮気する男は何度も繰り返す! これ世の中のセオリーです。(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)