女性なら、誰しもが好きな人から「かわいい」と思われたいもの。
でも、彼に「かわいい」と思われたいと思うばかりに、ついぶりっ子が過ぎてしまうことってありませんか。

アプローチに自信がなかったり、彼の気持ちを振り向かせたりするために、ついかわいさを演じてしまう女性もいるでしょう。

いったいどうしたら、意中の人に「かわいい」と思われるのか――。今回はその不安を解消するべく、かわいらしい女性に当てはまる特徴をまとめてみました。

飾らない人柄である

ぶりっ子が批難されるのは、そのかわいらしさが作られたものだからです。
いわゆる「これをすればかわいいだろう」と思ってしているので、その計算高さに引いてしまい、男性の多くは素直に「かわいい」とは感じづらいのでしょう。

反対に、たとえば嬉しさに顔を赤らめるとか。思いがけない出来事にビックリするとか――。その人の素顔がみれた瞬間って、「かわいらしさ」を感じやすいはず。それはやはり、作られたものではないからでしょう。

「この子、かわいいな」と感じるのは、ルックスのかわいらしさとは別に、飾らない人柄であったり、性格によるものも大きいと思います。
特にプライドが高い女性は、意固地になって素直さが欠けていないか、注意してみて。

性格に自信がなくても、リアクションの取り方、笑顔の見せ方に気を配れるだけでも、自分の印象はだいぶ変わります。
素直な自分を大切にして、その気持ちを周りに出していく努力ができるといいのかもしれません。

健気である

たとえば仕事を例に挙げれば、新人が一生懸命仕事を覚えようと、メモを取ったり、先輩に聞いたりするなど――。頑張っている姿をみると、周りも応援してあげよう、という気持ちになりやすいのでは。

そういった意味で、健気さが感じられる女性は、同時にかわいらしさも感じやすいと思います。
わからないことをわからないままにせず、素直に聞けれるとか。できないことはできないと、人の力を素直に借りれるとか――。

ひた向きにコツコツと努力している人は、周りにもそれが伝わるものです。当然、そういった人は周りからかわいらがられやすいので、手を貸したくなるはず。
仕事に限らず、プライベートでも、どの年齢になっても、健気な自分を大切にしたいですね。

愛情深い

母性本能をくすぐられる人、守ってあげたくなる人は、確実に存在すると思います。
それこそ性格が穏やかで、他人もミスや失敗も気兼ねなく許すことができる。

また、笑顔がかわいくて、明るく前向きである。謙虚でひたむきで、誰とも分け隔てなく接せられる――。
そうした人は、おそらく周りから親しみやすく愛される人でしょう。

周りから愛される人は、当然相手のことを「かわいい」と感じているはず。
周りに老若男女問わず、愛されている人がいたら、その人気のヒミツはどこあるのか。ぜひ考えてみて。きっとこうした特徴が見え隠れしているはずです。

 

人から「かわいい」と感じられるには、意外と難しいことがわかるのでは。ぜひ自分磨きもかねて、自分のなかのかわいらしさに気を配ってみてくださいね。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)