コミュ力

「コミュニケーションが苦手で、人がいる場に行くといつも緊張してしまう」「タイプの男性がいても話しかけることができない」

そんな悩みをお持ちの方から相談を受けることが多いです。

今日は誰にでもできて、かつすぐにある程度の効果があるものを3つお伝えしますね。

コミュ力

①相手を笑わせることを考えない

会話が上手な人は、相手をよく笑わせますね。でも、それは一種の才能と言ってもいいのだと思います。

才能がある人はそれはいいことですが、才能がなくても全然気にすることはありません。

会話が苦手な人は、話を盛り上げないと、と思って無理して空回りしてしまうことがあります。

大事なことはコミュニケーションをすること、であって、笑わせることではないです。

「笑わせる」の手前、「楽しませる」を目標にしましょう。

プライベートであれば、相手の話を聞いて、褒めたり、共感したりする。

特に出逢いの場であれば、コミュニケーションがあまり得意ではない人は最初は聞き手に回ってみましょう。

②一人が不安なら複数人で話す

一対一で話すのは、よほど経験を積んだ人ではないと緊張しますし、最初は上手く行かないことが多いです。

特に異性相手に一対一と言うのは、ある意味ナンパと一緒ですので、できなくて当然。

始めは、友達の力を借りて、一対複数、もしくは複数対複数で話をすることにしましょう。

複数で話していると、友達が話している所に「合いの手」を入れたり、自分が話せる話題になったときに、話を膨らませたりと、プレッシャーが減って、リラックスして話せるようになります。

もし、友達がコミュニケーション上手な人ならば、一緒にいることで、その人のテクニックを盗めるのもメリットです。

③相手に興味を持つ

実は、一番大事なことですね。相手との会話を膨らまそうにも、相手のことを知らなければ何もできません。

そもそも、相手に興味があるからあなたは話しかけたいと思っているはず。

であれば、まずは相手のことをいろいろ聞いてみること。

出身地や趣味のような、属性のことでも、もしくはいま目の前にいる相手の服装や髪型、アクセサリーなど、外見のことでもいいのです。
(外見については、相手がコンプレックスを抱いていそうなポイントは避けたほうが無難です)

相手も自分が話したいポイント、を必ず1つは持っているはず。

そのポイントから話を広げていきましょう。

結論として、他人を意識しない

いかがでしたか? 通して言えることは、どうしても周りに会話上手な人がいると、自分もそうならなくては、というプレッシャーや焦りが出てしまい、結果上手くいかなくなることが多いです。

最後に、重荷を取り除く言葉を1つ。

「相手が不快にならなければ、それでOK」

相手に嫌がられない限りは、次につなげる方法はいくらでもあります。

まずは、相手に興味を持って平常心でお話をすることから始めてみましょう。

(愛カツ編集部)