2018.3.13

「何回かデートをしたのに、彼に告白をしたらフラれてしまった……」

このような経験をしたことのある人もいるでしょう。

本当は脈アリだったのにタイミングが合わなかったという恐れもありますが、もしかしたら彼は最初からあなたを恋愛対象として見ていなかったのかもしれません。

そこで今回は「男性が好きでもない女子とデートをするわけ」についてご紹介します。

好きでもない女子とデート

1、 何となく

・「その日に特に予定がなかったら、デートの誘いもOKします。人とご飯を食べたほうが楽しいですしね」(30歳/IT)

女子からすると、男性と遊ぶのって少し覚悟がいると思います。「チャラい人だったらどうしよう……」「1回ご飯に行っただけでしつこくされたら嫌だな……」と不安になることもあるでしょう。でも男性はあまり深く考えずに、「とりあえず遊んでみようかな」と簡単な気持ちで異性と会える人が多いようです。

また女子はデートとなると、いつも以上にメイクやファッションに気を使うもの。ですが男性は普段通りの格好でも、特に抵抗を感じません。そのため好きな相手じゃなくても、気軽にデートができるようです。

2、 経験を積むため

・「ある程度経験がないと、彼女をリードすることはできないと思う。なのでいろんな子と遊んで、女子という生き物を勉強しています」(25歳/営業)

本命ができたときのために、好きじゃない異性とのデートで経験を積んでおこうと考える人も。また異性と直接会うことで、女子について学べることもたくさんあります。しかも好意がないからこそ、男性も緊張せずにデートを楽しむことができるそう。彼のことが好きだと余計に、都合よく利用されている気がして、何だか悲しくなってしまいますよね。

3、 エッチ狙い

・「『もしかしてエッチできるかも?』と思ったら、たとえ好きじゃない子からの誘いでも断れませんよね」(32歳/商社)

「たとえ好きじゃなくても、エッチはできる」という男性は珍しくありません。「今日のデートでエッチができたらラッキー!」と考え、誘いに乗ってくる男性もいます。特に初めてのデートなのであれば、注意が必要。なるべく日中に会うなどして、遊ばれないよう対策を取るべきでしょう。

おわりに

「好意がないんだったら最初からデートの誘いに乗らないでよ!」と言いたくなってしまいますが、ここはせっかくのチャンスを最大限利用するべき。

何とか好きになってもらえるよう、会っている間に彼をドキッとさせたいものですね。(和/ライター)

(愛カツ編集部)