2018.3.20

どんなにかわいい見た目を維持していても、内面が磨かれていなければ意味がありません。

特にいじわるな態度は、人としての魅力を半減してしまいます。
そこで今回は「男性が『この子って冷たいんだな』と幻滅した瞬間」についてご紹介します。

1、空気も読まず真顔

・「忘年会で同期が一生懸命一発芸をしているのに、真顔でつまらなそうにしていた子。『ここは笑ってあげても良いんじゃない……?』と思いました」(29歳/営業)

いつも愛想笑いをする必要がありませんが、仲間が頑張っているときや話を振られているときは、空気を読んでそれなりに笑うべき。そうじゃないと「不機嫌なのかな?」「そんな目で見なくてもいいんじゃない?」と周囲から引かれてしまいますよ。

2、わからない人を無視

・「俺たちには優しいのに、新人の子には冷たく当たる女子社員。『あれが本当の姿なんだろうなぁ……』と幻滅しました」(34歳/広告)

・「仲間内で昨日の飲み会について話していたところに、参加できなかったAちゃんがやってきた。そこで話を変えればいいものの、Aちゃんをあからさまに無視して盛り上がっていた子がいました。Aちゃんは気まずそうな顔をしていて、何だか申し訳なかったです」(26歳/製造)

無視って実はすごく傷付きますよね。もしかしたら嫌味を言われるよりも、グサッとくるものがあるかもしれません。わからない人には説明をしたり、共通の話題に変更すればいいものの、そのまま気にせずに会話を続行する人も……。しかもそういう人に限って、「自称サバサバ女子」だったりするものです。周囲からは「怖い」「冷たい」と思われている恐れがあるので、意識して直すべきでしょう。

3、物を大切にしない

・「すぐに物をなくしたり、壊したりする子って印象悪い。愛着がないところに冷たさを感じる」(27歳/メーカー勤務)

一概には言えませんが、たしかに物を大切にしている人って、穏やかで優しそうなイメージがありますよね。特にプレゼントされたものを長く愛用している人は、性格も良さそうに見えるでしょう。
その一方ですぐに物をなくす(壊す)女性って、人間関係も希薄そうなイメージ。何かあったら物と同じように、すぐに関係を切られてしまいそうです。ガサツな印象も持たれてしまいますし、良いことは何ひとつないかも。

おわりに

優しくて癒し系な女性と付き合いたいと思っている男性は多いものです。
自分が損をしないように、上記の言動には十分気を付けたいものですね。(和/ライター)

(愛カツ編集部)