彼氏の嫉妬

いくら付き合っているとはいえ、彼が本当に自分のことを好きなのかは気になるところですよね。

特に女性側から告白をした場合、不安になってしまうことも多々あるでしょう。

そこで今回は「彼をちょっとだけ嫉妬させる方法」についてご紹介します。

彼の嫉妬

充実した日々をアピールする

・「『最近仕事が楽しいんだよね!』と彼女から言われたんです。『良かったね』と返しつつも、何だか複雑な気持ちになりました」(34歳/男性/営業)

自分のいないところで充実した日々を送っているのは嬉しい反面「もう俺のこといらないんじゃないかな……?」と不安になるもの。

「仕事が楽しい」と言っただけなのに、勝手に「ほかに好きな人でもできたのかな?」と考えてしまう男性もいるようです。

自分から連絡をしない

・「いつも夜になると連絡をしてきていた彼女が、最近LINEをしてこなくなった。俺からメッセージを送ると返事をくれるんだけれど、何か心境の変化でもあったのかな……」(26歳/男性/メーカー勤務)

「自分ばかり彼を追いかけている」と思うのであれば、一度連絡頻度を減らしてみるのも方法です。

普段鈍感な彼も、さすがにいつもと様子が違うことに気づくでしょう。

とはいっても彼から連絡が来ても無視をしてしまうと、彼がほかの女性になびいてしまう恐れが。ここは上手に駆け引きを利用してくださいね。

好きな男性芸能人を作る

・「無趣味だった彼女が突然アイドルにハマりはじめた。最初は『趣味ができて良かったじゃん!』と言っていたんですが、だんだんそのアイドルに嫉妬心が芽生えてきました」(31歳/男性/公務員)

身近な男性を褒めるのはあからさますぎますよね。「俺はどうせダメな奴ですよ」と彼がいじけてしまうことも考えられます。

でも芸能人であれば、彼もそこまで不快に思わないはず。とはいってもやはり彼女を取られた寂しさやモヤモヤはあるため、少なからず嫉妬心は生まれるでしょう。

「そこまで興味のある芸能人がいない」という場合には、彼とTVを観ているときに「この俳優さんカッコいいよね」などとさりげなく褒めてみるのもアリ。

涼しい顔をしながらも、きっと彼の中に一瞬嫉妬心が芽生えるはずですよ。

元カレの話を出すのだけは絶対NG!

・「彼を嫉妬させようと『いま元カレ○○会社で働いてるんだって! すごいよね!』と言ってみた。そしたら『だったら元カレとヨリ戻せば?』と怒らせてしまいました……」(25歳/女性/販売)

ただでさえ聞きたくない元カレ話。しかも褒めるなんて言語道断です。それに自分だってやたら彼が元カノの話をしていたら嫌な気持ちになりますよね。

最悪別れ話になる危険もあるので、やめておくべきでしょう。

彼に「勝手に」妄想させるのがコツ

彼をちょっぴり嫉妬させるためには、あからさまにほかの男性の存在を出さないことがポイントです。

彼が勝手にアレコレ想像してしまうくらいが、一番ちょうどいい嫉妬方法なのかもしれませんね。(和/ライター)

(愛カツ編集部)