出会い

「出会いがない」というのが口ぐせになっていませんか?

「出会いがない」と考えている方、それははっきり言って間違いです。

「出会いがない」のではなく、「出会おうとしていない」のです。

では、どうしたら、出会うことができるのでしょうか?

「出会いがない」と考えている方へ、すぐ効くアドバイスをお伝えしますね。

出会い

アドバイス①「誰か紹介してよ」という口ぐせをやめる

異性の友だちが一人もいない、コミュニケーションも苦手で、結果として恋人が長年いない。

そんなの人を好んで誰かに紹介したい人は正直いません。

お願いをしている相手に相当の負担をかけていることに気付きましょう。

誰か、がすぐに出てくるくらいなら、あなたはすでに誰かと付き合っているはずですから。

ちょっと厳しい言い方ですが、これを言っているうちは出会いは生まれません。

アドバイス②今いる環境には期待せず、飛び出してみる

出会いや恋愛が下手な人は、今いる会社や学校などの狭い環境と、限られた人間関係の中だけで恋を見つけようとしてしまいます。

そしてそこで負けると、あたかも「世界の終わりであるかのようなショック」を受けてしまう。

正直、今いる環境なんて、世の中のほんのわずかな部分に過ぎませんよ。

自分がしらない世界の方が圧倒的に広いことを忘れないようにしましょう。

アドバイス③魅力的な同性の友人を作ることから始める

一人でする恋活・婚活は心細いですし、気持ちがすぐに折れてしまうかも。

一人だと受けるプレッシャーも強くなり、ついつい顔に悲壮感を漂わせてしまいます。

そうならないためにも、何人かの仲間(友人)で活動をするようにしましょう。

ここで大事なのは、友人の選び方。ギラギラし過ぎている勘違いな人や、「私なんてー」というようなネガティブな人はやめましょう。

そういう、ダメな要素が自分に移ってしまいますよ。

アドバイス④出会いが「ない」と考えるのはやめよう

出会いがない、というのは単なる思い込み。

先ほども言いましたが、今自分がいる、せまい世界での結果で話をするのはやめましょう。

世の中には「魅力的な異性なんていない」はずがありません。

魅力的な人は、世の中にはたくさんいすぎます。

たまたま、自分のいる環境にはいないのです。

今いる環境から目を離して、他の環境に行く方法を考えましょう。

アドバイス⑤婚活パーティーにも顔を出してみる

最近は、婚活パーティーもかなりカジュアル化しています。

一昔前は、真剣に結婚を考えている、「重い」ものでしたが、近頃はカジュアルなパーティーが増えています。

もし、出会いのきっかけが身の回りになければ、そういったパーティーに参加するのが手っ取り早いですよ。

趣味や業界など参加者の条件が細分化されていて、自分の興味があるパーティーが見つけやすくなっています。

価格も比較的安く設定されているので、まずは1回参加してみましょう。

アドバイス⑥とりあえずLINE交換をする

婚活パーティーでも合コンでも、知り合った人とはまずはLINEの交換を「とりあえず」しましょう。

LINEの交換ができないと、そもそもその先に進むことがないからです。

仮にその相手と付き合うことがなくても、異性の友人になるかもしれませんし、新たな出会いのきっかけとなるかもしれません。

異性と付き合う、結婚する、の手前には、必ず「異性の友人をつくる」ことが重要。

まずは、気楽に友達を作ろう、という気持ちを持ってみましょう!

いかがでしたか? すぐに結果はでなくても、自分の行動を変えていけば、出会いの機会はどんどん広がります。

そして、経験を積んでいけば、相手が見つかる可能性はどんどん高くなりますよ。

(愛カツ編集部)