恋愛センサー
2018.3.19

一般的に言って、体制に取り込まれてしまっている男子は、恋愛が下手なものです。

たとえば上司に好かれようと思って、そんな努力ばかりしている男子とか、

保身に走っている男子というのは、恋愛センサーがバカになってしまっています。

よく女子が「あたしの彼ったら子どもっぽくて、そういうところが好き」

と言うところの「子どもっぽい」とは、少年の心を持っているということ。

つまり少年のように反骨精神と夢を持っている……保身とは真逆のことですよね。

恋愛センサー

男子のお金の問題

ただ、保身に走っている男子も、生きている以上は、小さくとも反骨精神と夢を持っているものです。

保身に走りまくって、モテないまま無事に定年退職したお父さんたちの多くは、

一抹の淋しさを抱えているもので、その淋しさとは、

「おれにも夢があり、反骨精神があったのに、それを生かすことなくこの歳になってしまった」

という後悔のようなものだったりします。

自分の本心に背いたまま、一生を過ごしてしまったのです。

ということで、男子には大なり小なり少年のような心があると仮定した場合、男子の恋愛センサーがバカになるのは、いったいどういったときなのか?

お金がなさすぎるとき、あるいは、お金がいっぱいあるときだろうと思います。

お金が大変だったときは、

お金がなさすぎて、毎日金策に走って、挙句の果てに詐欺で逮捕された元芸能人の彼女は、

「彼はお金が大変だったとき、あたしのことを抱こうともしなかった」と語っています。

お金がありすぎると、男子はたいてい「お金がなくなるまで」つまり、あったらあるだけお金を使います。

お金を使うのに忙しいから、じぶんの彼女は二の次、三の次。

もちろん、キャバ嬢など、商売をしている女性はバカではないので(恋愛センサーが100%生きているので)、

男がどんなに忙しくお金を使おうと付き合ってくれません。

で、結局、お金がなくなったころに、彼女のもとに帰る……。

付き合ったらヤバい男とは

経済活動が恋愛に与える影響はものすごく大きい。とくに、男子にとっては大きい。

女子が「胸の大きさ」を、わけもなく重要視するのとおなじように、男子は稼ぎがいい・悪いということを、わけもなく重要視します。

それはもうプライドの問題としか言えないのかもしれません。

お金って、若いうちは「あまりない」ものです。それで当たり前です。

でもあまりにもなさすぎるから、本来、車を買う若い男子の車離れが進んでいる……識者はこのように分析しています。

お金以外の「恋愛の指針」

ま、あまりお金お金と言うのも品がないというのであれば、「お金に振り回されない人格」をいかにして手にするか、ということがポイントではないかと思います。

今の世の中は「稼げば官軍」みたいな風潮になっていますね。

大企業の社長が、投資家のほうを向いて経営するから、下々の男子までが、そういう空気を吸うようになっています。

そういう社会的風潮も、男子の恋愛に大きく作用してくるので、稼げない男子は下を向いて生きている。

あるいは、お金以外の「人生の指針」を持ってない男子は、うつむいて暮らしている。

稼ぎたいのに稼げないジレンマを抱えている男子は、いつもイライラしている。

もう恋愛どころではありません。

お金をいっぱい稼ぐことも、お金以外の生きる指針を手にするのも、少々むずかしいことだろうと思います。

でも、それをしれっとやってのけている男子は、少年のような心であなたのことを大きく包んでくれるはずです。

少年とは本来そういう生き物だからです。

そういう男子がどこにいるのか。(ひとみしょう/ライター)

(愛カツ編集部)