浪費癖

お付き合いしている彼と金銭感覚がズレていると、困ることがたくさん…。

多少のズレはどうにかなったとしても、彼にかなりの浪費癖がある場合、デートの時だけではなく結婚したあとのことまで不安になってしまいますよね。

どうにかして彼の金銭感覚を正したい…、そんなとき、どのようなことを心がければ良いのでしょうか?

3つにまとめてみました。

浪費癖

■1:本当に必要なのかを確認する

浪費癖のある彼は、あったら便利だけど特別必要でもないという物を買う傾向があります。

そのため、彼が高額な物を買おうとしたとき、「それって絶対必要な物?」と聞いてあげましょう。

大きな買い物をするときはその場で買わず、1度持ち帰って本当に必要な物なのかということをしっかり考えることが大切ですよ。

徐々にそういう癖を付けていくことで、浪費癖の改善を図ることが出来ます。

成功すれば、浪費癖のあった彼が、逆に倹約家になるということも夢ではありません。

彼女であるあなただからこそ聞けるこの質問。彼との将来のために一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

■2:お互い歩み寄る

今まで好き放題使っていたお金が、同棲や結婚を機に一気に減ってしまうのは、彼もストレスがかかってしまいますよね。

しかし、今までと同じ感覚でお金を使うには、お給料がいくらあっても足りません。

男性は、どんぶり勘定でお金のやりくりをしている人が多いので、1ヶ月の収支を表にし、1度しっかり説明してあげると、頭にイメージが浮かびやすくなります。

毎月これだけのお金が出ていくという現実を数字にして具体的に表せば、さすがの彼も我慢せざるを得なくなりますよ。

彼が我慢してくれる意思を見せてくれたら、今度はあなたが歩み寄る番。

基本的に我慢続きになってしまう彼のために、「〇〇は高くて買ってあげられないけど、こっちのブランドなら買ってあげられるよ」など、

同じものでも価格の安いものを提案するなど、高くなければたまには好きな物を買えるということを彼に伝えておくのです。

ネットやセール品を勧めるのも良いですね。

そうすることで、彼も我慢続きではなくなり、あなたも彼に合わせた生活を送らなくて済むので、片方だけがストレスを抱えるということもなくなりますよ。

■3:具体的な貯金の目的を決める

浪費癖と言っても、自分の貯金額に多少の焦りは感じているはず。

しかし、頭ではわかっていても、何のために貯めているのかという目的がないと貯蓄が出来ないという人も多いです。

そのため、『〇〇万貯まったら旅行!』、『〇〇万貯まったら同棲!』など、具体的に貯金の目的を設定すると、彼の思い腰も上がるかもしれません。

それでも足りないときはそこから引き出して使ってしまう、という人には、先取りの定期預金がオススメ。

お給料が入ったら、先にそこから引かれるように設定するのです。

最初から抜かれてしまえば、元からないものとして考えられるようになりますよね。

浪費癖は生活の一部みたいなものなので、少し無理をしてでも貯金が出来る状況に持って行く方が得策ですよ。

また、毎月貯金額が増えていくのを見て貯金にハマり、一気に節約好きになる可能性もあります。

楽に楽しく浪費癖を解消出来たら嬉しいですね。

いかがでしたか?

まだお付き合いの段階だとしても、結婚を考えている相手なら尚更、彼の浪費癖は直しておきたいですよね。

お金のことは最もケンカの元になりやすいだけに、あまり強く言えないかもしれません。

しかし、今の浪費癖のある彼と結婚となれば、必ずうまくいかなくなることが予想できますよね。

お金の話はタブーにするのではなく、積極的に話し合える関係を築いていくことが大切ですよ。(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)