空気の読めない女

言葉にしなくても、相手が「こうして欲しい」と思っていることにピタッと対応できれば男女の関係は上手くいきます。

しかし男女には、物事の捉え方に違いもあり、気持ちが通じないこともしばしば。

つまり、自分が「よかれ」と思ってとった行動でも、彼はイヤな思いをしていることもあるのです!

そこで今回は、彼が「空気が読めなさすぎ!」と思ってしまう彼女の言動を3つご紹介します。

空気の読めない女

■1:一人の時間をくれない

「今より、もう少し一緒にいたい」と彼女がお願いすれば、大好きな彼女に頼まれた以上、彼は時間の許す限り一緒にいてくれるかもしれません。

しかし、彼にはすでに予定が入っているときや多忙なタイミングでの彼女からの「会いたい」は、空気が読めない疑惑を向けられがち。

どんなに優しい彼が相手でも、彼の状況を考えていないかのような「会いたい!」を言われれば、「空気読んでよ……」を招きがちです。

彼女が自分の欲求だけを押し付けてくる姿には、彼としては思いやりも感じられないし、重い行動にも見えがち。

彼の時間を奪いたがるような発言を繰り返すと、「空気が読めない女だな」のレッテルも貼られやすいです。

■2:彼女が言った通りにしているのに怒る

デート中に嫌なことがあると「ほっといてよ!」とつい、怒りに任せて彼に口走ってしまう女子もいます。

しかしこんなケースでは、彼女から言われた通りに彼が放っておくと、さらに彼女が怒り出した……!なんて展開もしばしば。

こんなふうに、彼が彼女の要望に応えているのに、彼女のさらなる怒りを買ってしまうような展開は、女性には「察してよ」という本音があっても、彼としてみれば「なんだこの女、言う通りにしてやってるのに、怒りやがって。俺だって、お前に気を使って言う通りにしているんだから、空気を読めよ!」などと感じやすいです。

男性は、彼女の言葉をそのまま素直に解釈する傾向が強いので、言う通りにしているのに怒られると「空気の読めない女は疲れる……」とマイナスな評価を下しがちです。

■3:相談されたから解決策を出しているのにキレる

彼女から相談を持ちかけられれば、張り切って解決策を考えてくれる彼も多いです。

ところが、彼が解決策を提示したのに「なんでそうなの! 私の気持ち、わかってないっ!」などと、いきなり怒り出してしまう彼女も少なくありません。

こんなふうに、相談に対して解決策を出しているのに一方的にキレる彼女は、男性から見ると「俺だって一生懸命に考えたんだから、空気読めよ……」と思われる典型にも。

「考えてくれた彼」の気持ちを踏みにじる行為が、空気を読んでいない雰囲気を強めるのです。

「怒るくらいなら、相談なんてするなよなっ」と彼に思わせた時点で、KY女のレッテルを貼られても文句は言えません!

 

男性から「空気が読めない女」と思われやすい女性は、自分のことばかりになってしまいがち。

また「空気が読めない女」に見られるきっかけは、“彼女の発言”も大きく関係しています。

本心は別にあったとしても、彼への甘えからハチャメチャな言葉を口にしてしまうと、一発で「この女、空気読めなさすぎ!」を招きやすいので、ご注意を!(ライター/麻生アサ)

(愛カツ編集部)