日本の世論を見るに、今のところ、わたしたちの理性は、不倫のキラキラや気持ちよさに、いとも簡単に屈することになっています。なので本当は、理性ってなんだろう? というところから一緒に見ていきたいのですが、そう長い文章を書くわけにもいかないので、

今回は、「不倫する男性から見て、この子はイケる、この子なら不倫でもOKしてくれそうと思われるのはどんな女子なのか」について、一緒に見ていきたいと思います。

■直感でわかる

すごく大切なことは、不倫している(不倫できる)男は、女子に対して「そのへんの男子」とはちがう感覚を持っているということです。

そのへんの男子は、たとえば、女子にどうやって声を掛けるといいのだろうと、ひとりでずっと悩み、自分に自信が持てない自分がちょっとイヤで、女子と目が合えば歓び、でも目が合っても話しかけてきてくれなかったら落ち込み、やっとデートにこぎつけたらデートで割り勘しちゃって、翌日から彼女の態度が冷たくなり……みたいな感じでしょう。

不倫する男は、女子の心身をそれなりに楽しませることができているという実績を持っています。

人間、実績があると、気持ちに余裕が生まれます。この余裕が、その男に、自分に対する自信のようなものをもたらします。

男としての自信をもって女子を眺めたら……もう直感で「この子、不倫でもOKしてくれそう」というのが見えてくるのです。

とくに、以下のような女子を見たら、「この子はおれが押せば、不倫でもOKしてくれそう」と思ったり。

■「えっ!」と思うような美人さん

まれに男から見て「えっ!」と思うような美人さんがいますね。モデルさん? とか、時給6000円のキャバクラでバイトしてた? とか、「君、絶対に愛人顔だよ」みたいな絶世の美人 or 絶世の男好きする顔の女子。

そういう女子を見て、「彼女は高校生くらいから、男に放っておかれたことがないんだろうな」と思います。つまり具体的にいえば「彼女は、気持ちいいエッチと、おいしい無料の食事のない恋愛には見向きもしないのだろう」と思うのです。

それが不倫であろうとふつうの関係の恋愛であろと、そんなことのはるか以前に、エッチと無料食がありさえすれば、彼女はOKしてくれるにちがいない……こう「確信」するのも、不倫男の特徴。

■知的そうな女子

一見して、エッチのエの字も知らなさそうな女子とか、モテまくってそうに見えない女子であっても、そこに知性を発見したら、男は「この子、不倫でもOKかも」と踏むことがあります。
うまく不倫している男って、不倫がいかに頭脳プレイかを知っているので、「似た者同士が惹かれあう」みたいになるのだろうと思います。

■天然娘

男子にはなかなかいないくらい、すっごい天然女子っていますよね。そういう女子を見て「この子、不倫でもOKしてくれるかも」と思う男もいるそうです。

が、不倫のリスクを考えたとき、多少は頭が回る女子を相手にしておかないと、いろいろヤバいことが生じることもあると知っている男は、天然娘がいかに自分のタイプであろうと、手を出すのを自粛します。

■すべての女子が不倫の対象です

と、いくつか見てきましたが、不倫できる男にしてみれば、自分のタイプのすべての女子が不倫の対象だと見ています。ひと晩限りの不倫から、何年もかかる不倫まで、自分のタイプのすべての女子が不倫の対象だと男は見ています。

その原因は女子になく、男の側にあります。

「どうすれば女子にモテる男になれるのだろう」という積年の疑問から解放されて、いまや不倫ができるまでの自信と財力をこしらえた男は、「女子を楽しませることができる自分」を知っています。同時に、楽しい思いをしている女子が、みずからパンツを脱ぎ捨てるタイミングも、よく知っています。

無駄にアクセルを踏みまくる男の理性の限界と、ついうっとりしちゃってパンツを脱いでしまう女子の理性の限界が、はじめましてする地点、それが不倫。こういうのを端的に言ってしまうと、「直感でわかる」となります。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)