隙

ネット上には、「隙がある女子はモテる」と書いてあるコラムがたくさんあります。

今回は、男子が言うところの「隙のある女子」の特徴に迫りたいと思います。

さっそくご紹介しましょう!

隙

1:女子どうしでつるんでいない

「いつも女子どうしでつるんでいる女子って、隙がなさそうに見えるのです。なにかあればすぐに女子どうしで話をして、男子の情報を共有しているとか……

あるいは、そういう女子と付き合ってしまったら、ぼくの悪口を共有されそうというか……

反対に女子どうしでつるんでいない女子を見ると、ぼくが口説ける隙間があるように感じます」(27歳・IT)

男子って、自分のことを女子どうしで共有されるのを嫌がる傾向にあります。

だから超かわいい24歳のうら若き女子が、たとえば会社の30歳の先輩女子といつもつるんでいるとなると、口説きづらいと感じてしまうわけです。

陰でなにを言われているのか、わかったもんじゃないから。要するに素直そうな女子に見えないということでしょう。

2:指輪をつけていない

「口説きやすい隙がある女子って、指輪をつけていない女子のことです。

右手の薬指に指輪をつけていないなんて当たり前で……とにかく指輪を1つでもつけていると、彼氏がいるように感じてしまうのです」(27歳・通信)

この例示は、もう定番になった感がありますが、王道をゆくことでしょうから、あえてご紹介しました。

飲み屋の定番でもあります。つまり飲み屋さんの女子が、お客さんを増やそうと思えば、絶対に指輪をつけて接客をしない……これは鉄則なんだそうです。

3:「隙がある女子」とは「天然キャラの女子」のことです

「隙がある女子とは、天然キャラの女子のことです。会社の飲み会なんかで、少しお酒が入ると、天然キャラかどうか、判断できますよね」(25歳・リース会社)

飲み会における「天然キャラ」とは、ノリがよく、かつ、ものを知らない女子のことです……と書くと怒られるかもしれません。

が、要はそういうことです。

「いま、1ドルっていくらか知ってる?」と、男子が女子に質問して「200円? ん? あたし新聞とか読まないし、知らない……」と答えるような女子のことです。

そういう女子は、ある種の男子からすれば、一緒に飲んでいて超楽しい女子なわけです。

一生懸命、受験勉強に励んできた過去などさっぱりなく、友だちとよく遊んで育ってきた女子の、その素直な生き方にあこがれを覚えるのだろうと思います。

もっとも、今さら「天然キャラ」になりたいと思っても、すでになれないわけですが……であれば、以下のような女子を目指してみてはいかがでしょうか。

4:「わたし、よく寝るんですぅ」

「わたし、よく寝るんですぅ~とか、週末は18時間くらい寝た、なんて言う女子は、隙があって口説きやすいなあと思います。

反対に、毎週末、誰かと会って、ごはんに行っているような女子って、ちょっと口説きづらいです。

ごはんに行ったことを写メと一緒にSNSにUPされると、そのリア充っぷりに、もう口説きたいなんて気が失せます」(27歳・飲食)

要するに、男子に「この女子、ときに暇そうなんだ」と思われると口説きやすいと感じてくれやすい、ということでしょう。

 

いかがでしたか?

男子が言うところの「隙のある女子」って、つまるところ、「男にとってわかりやすい女子」ということなのでしょう。

女子どうしで、男にはよくわからない会話をしていないとか、意味深な指輪をつけていないとか……「わかりやすい」というのが、ひとつのキーワードではないかと思います。

もっとも、こういうコラムにしろ、テレビドラマの筋にしろ、歌の歌詞にしろ、人々に広く愛されるものは、わかりやすいものだったりします。

わかりやすいというのが至上のものだとは言いませんが、人が多い世の中で暮らしている以上、

そして彼氏を見つけたい以上、わかりやすさを大事にしてみると、案外、おいしい人生が待っているかもしれません。(ひとみしょう/ライター)

(愛カツ編集部)