2018.3.19

今回は、彼が「ずっと一緒にいたい」と思う彼女の特徴について、一緒に見ていきたいと思います。

一緒にいて落ち着くとか、料理がうまいという、ごくありふれた特徴以外に、どんな特徴があれば、彼は「ずっと一緒にいたい」と思うのでしょうか。

さっそく見ていきましょう!

 

1:甘やかしてくれる彼女

「ぼくのことを甘やかしてくれる今の彼女とはずっと一緒にいたいと思います。ぼくの稼ぎが悪いとすぐに冷たい態度をとっていた元カノと比べたら天国です」(27歳・広告)

一般的に言って、いろんな恋愛の枝葉を取っ払って、幹を見たとき、男子って「ごはんを作ってくれて、身の回りの世話もしてくれて、エッチもさせてくれる彼女」が最高の彼女だと思っている節があります。

もっとも、図に乗って、そういう彼女に甘えっぱなしの男子は、やがて淋しいおひとり様に成り下がってしまうことが多いわけですが、自制しつつ彼女に甘え、彼女のほうも彼の自制と甘えのバランスを察している関係って、わりと自律的な関係でしょうから、「ずっと一緒にいたい」と素直に思えるのでしょうし、おそらく長続きする関係なのでしょう。

 

2:ちゃんと諭してくれる(さとしてくれる)彼女

「やっぱりダメなものはダメとちゃんと諭してくれる彼女だと、長く一緒にいたいと思います」(28歳・通信)

男子って、ときに「なにが正しくてなにが正しくないのか」を見誤ることがあります。女子のみなさんがお気づきのとおり、男の社会って少し歪んでいたりするからです。

たとえば男女どちらの政治家が「より歪んでいること」を言っているのか? を見たらわかりますよね。

だから男子は常に、自分を諭してくれる女子を求めています。

ちなみに、水商売で最強とされているのが、この「諭す女子」なんだそうです。

「そんなに飲んじゃって……明日どうやって起きるの? もう今日は帰りなさい」なんてことを言われたお客さんは、そう言ってくれた女子にメロメロになるらしいです。

ちょっと叱ってくれる女子……男子はこういう女子と長く一緒にいたいのです。

 

3:「こうしたほうがもっと良くなるよ」

「ぼくの髪型や洋服を見て『こうしたほうがもっとかっこよくなるよ』と言ってくれる今の彼女とは長く一緒にいたいと思います」(25歳・IT)

自分の良さを引き出してくれる彼女と、ずっと一緒にいたいということですよね。

タレントとそのマネージャー(or 事務所の社長)の関係に似ているかもしれません。現状のままでよしと思っている人もいるでしょうが、やっぱりある種の向上心がある人々は、「もっと良くなる」指南をしてくれる人を、心から大切に思うものです。

 

4:適度に放っておいてくれる彼女

「過度に干渉することなく、適度にぼくのことを放置してくれる彼女とであれば、ぼくは長く一緒にいたいです」(26歳・飲食)

男子の本質は「何歳になっても男の子」というものです。

だから、男の子が日がな一日ひとり遊びをするように、適度に放置してくれる彼女とずっと一緒にいたいと願っているものです。

「適度に放置」の「適度」の間合いがしっくりくる関係って、素敵ですよね。

 

いかがでしたか?

細かいことはさておき、彼のすべてを認めてあげる・受け止めてあげる……こういう例示と、諭してあげるにみられる「しっかり者の彼女」という例示の2つに大別できるかと思います。

もっとざっくり言えば、自立している彼女と一緒にいたいと思っている……こう言えるかもしれません。

料理が下手だろうが、笑いのポイントがことごとくズレていようが、そういうことは些末なことであり、とにかく人間的に自立している彼女が「ずっと一緒にいたい彼女」なんです。

それだけ男子は、いつまで経っても「お子ちゃま」ってことです。

長年連れ添っているご夫婦を見ると、きっと、今回ご紹介した内容がよりリアルに実感できるでしょう。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)