仲直り

こんにちは神伊 里砂です。

皆さんは彼とよくケンカをしますか?

出来る事なら、いつでも楽しく仲良く過ごしていきたいものですが、「もっと自分をわかって欲しい」、「もっと彼を知りたい」

そんな思いが強ければ、自然と増えてしまうものではないでしょうか。

喧嘩する程仲が良いという言葉もあるように、それ自体が悪い事ではありません。

しかし、仲直りを上手くやらないと、一つのケンカが長引いたり、他のケンカを誘発してしまったりと収拾がつかなくなってしまいます。

そこで今回は「彼とのケンカを長引かせない方法」をご紹介いたします。

仲直り

1:その日のうちに終わらせる

ケンカが始まったらその流れで終わらせる事を常に頭に入れておきましょう。

その場で向きあう事が辛かったとしても途中で「もういいよっ」とその場を飛び出してしまうのはNGです。

「時間が欲しい」、「場所を変えたい」と伝え一旦は終わらせる事です。

2:無視は長引くだけ

シカト攻撃は、ケンカを長引かせる原因になります。

何を言ってもあなたからの返答がなければ解決のしようがない為、彼も気力を失ってしまいます。

お互いが「もうどうでもいいや」と投げてしまってはケンカを終わらせるどころか、二人の関係が終わってしまう事になるでしょう。

どんなに腹がたっても会話はするようにしましょう。

3:挨拶は絶対

どんなにケンカをしていても、挨拶を欠かさなければ長引く事はありません。

冷戦中であっても「おはよう」、「おはよう」と言葉を交わす事が仲直りの切っ掛けになっていくのです。

特に同棲しているカップルにとってはそれが絶対です。

ケンカ後の一発目だけがチャンスですので、それを逃してしまうと長引いてしまいますよ。

 

今回のご紹介は「彼とのケンカを長引かせない方法」でしたが、いかがでしょうか?

ケンカをしていると、仕事へのやる気が出なかったり、イライラを他の人にぶつけてしまったりと他にも影響をきたしてしまいますよね。

意地を張らず、その日のケンカはその日のうちに終わらせましょう。(神伊 里砂/ライター)

(愛カツ編集部)