アラサー女子

今まで異性にあまり興味がなかったり、没頭して仕事をしてきた女性の場合、どうやって恋愛をしたらいいのか……。

いざ「恋をしたい」と思った時に、困ることが多いのでは?

恋愛は休めば休むほど、「恋をする」という行為に疎くなりがちです。

なぜなら恋には経験値が必要で、休むと経験値が得られなくなるから。

もちろん、恋をすることは本人の自由。

でも、アラサーという貴重な時間を有意義に使うためには、恋愛に対する意識を日頃から少しずつ高めることが大事になってきます。

今回はそんな今まで恋を休んでいた女子に向けて、最低限気を配りたいことについてまとめてみました。

アラサー女子

気配りポイント①見た目の女子力は恋の最低条件

女性の場合は、恋愛経験が浅いことは必ずしもデメリットにはなりません。

恋愛経験が同じレベルの人、あるいは同じ価値観や考え方、相性のいい人が見つかりさえすれば、

交際、そして結婚へと段階が進んでいく可能性は大いにあるものです。

ただ、日頃から恋愛の意識が低い、もしくは恋愛経験があまりに乏しいと、見た目の女子力が下がってしまっている恐れはありそう。

というのも、見た目のオシャレ度を徹底しなければ、そもそも恋をすることは難しいものです。

特に髪型、スタイル、ファッション、メイクといった、見た目を大きく左右するポイントは要注意です。

男性は女性以上に相手の見た目にこだわる人が多いもの。

異性として惹かれるきっかけも「見た目が好みだったから」といった、いたって単純な理由が少なくありません。

逆に言うと、見た目だけでずいぶんと印象が変化するのです。

恋を休んでいるほど、こうした異性の目に疎くなりがちなので、見た目のオシャレ度は常にキープしておきましょう。

気配りポイント②女性らしくいることの大切さ

見た目のオシャレ度に気を配れたら、次は“内面の女性らしさ”に注意してみて。

恋をするにあたって大事な女性らしさは、言葉遣いと言動です。

世の中の男性のほとんどは、異性に対して「女子らしくあってほしい」と思っているもの。

そのため男言葉を使ったり、行動が勇ましいという女性は、女友達としてはOKでも、異性として、交際相手としては見られないのが本音。

そして、もうひとつ大事な女性らしさが愛嬌です。

「男性は度胸、女性は愛嬌」という諺があるように、女性の愛嬌に癒され、恋に落ちる男性は想像以上に多いものです。

それこそ男性は見ず知らずの女性に微笑みかけられただけでも、「この人、俺のこと好きなのかな……?」と勘違いしてしまうほど。

女性としての印象を良くする、あるいは異性として意識させる瞬間でもあるので、日頃から注意深く配慮したいですね。

気配りポイント③細やかな気配りに注意する

最後は女性として気遣いを示してあげることです。

男性は自分のことを理解して、サポートしてくれる異性に好印象を感じるものです。

例えば仕事で疲れていたら「お疲れ様」とさり気なく声をかけてあげたり、風邪を引いているようだったら喉飴を渡してあげたり。

こういった、ちょっとした気が利く一面を見せられることは、女性らしい細かな気配りができるという印象を相手に与えます。

男性としてはとても気になってしまうものなのです。

彼を労わってあげる、彼を理解してあげるという気持ちを持つ女性は、結婚相手として意識されることでしょう。

こうしたポイントに気を配っていれば、あなたのことを気になる異性は必ず現れるはず。

あとは仕事をひたむきに頑張ったり、異性として少しでも魅力的になれるよう努力することで、あなたに釣り合った出会いも得られることでしょう。
(柚木深 つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)