恋のきっかけは意外と些細なことが多いようです。今まで意識していなかった身近な女子が、恋愛対象になることもよくあります。今回は男子がどんなことから恋愛対象として意識し始めたのか、調査してみました。

食事の様子にグッときた

「元カノが少食で、いつも食事を残している姿が好きじゃなかったので……。女友達が料理を美味しそうにたくさん食べているところにグッときました。」(28歳/SE)

「意外ときれいに食事をする人って少ないんですよね。会社の後輩とランチに行ったとき、きれいな食べ方をしているのを見ていいなと思いました。」(29歳/メーカー営業)

女の子らしさをアピールするために少ししか料理を食べないのではなく、美味しそうにたくさん食べているところを見せた方がいいのかも。意外にも、男子はたくさん食べる女子に好感を持つものです。また、食べ方も見られているので、きれいに食べるよう心がけてみて。

体調不良のときに世話をしてくれた

「幼なじみの女友達を全く女として意識していなかったのですが、俺が体調を崩したとき、看病しに来てくれました。いつもの調子で『バカだねー』なんて言われると思ったのですが、本気で心配してくれている様子にドキッとしてしまいました。」(23歳/大学院生)

「風邪を引いて買い物にも行けなったとき、女友達が差し入れを持ってきてくれました。スポーツドリンクやゼリー飲料だけでなく、冷凍の肉うどんやレトルトのお粥など、日持ちもするし、すぐに食べられるものばかりで感激しました。」(26歳/税理士)

体調を崩しているときに、親身になって看病されるとドキッとする男子も多いようです。差し入れをするときは、気の利いたものを持っていくといいですね。ただし、事前にきちんと家に行っていいかどうか確認してからにしましょう。本当に体調が悪いときには誰にも会いたくないという人もいます。

何気ない気づかいはポイントが高い

「残業をしているとき、同期の女の子が差し入れしてくれました。それだけでも気が利くなと思っていたのですが、袋の中に『頑張ってください』と手書きのメッセージが入っていたのにやられました。」(30歳/商社経理)

「後輩の女の子を車で家の近くまで送ったのですが、角を曲がるまでずっと手を振って見送ってくれました。その後、きちんとお礼LINEがきたことに感動。当たり前のように感じている人も多いので……。」(27歳/塾講師)

さりげなく気づかいをされると、好感度が上がるようです。ポイントは押しつけがましくしないこと。あくまでも自然に相手を気づかえるといいですね。

意外と男子は普段の様子を見ているもの。自然に女らしいふるまいや、気づかいができるとグッとくるようです。ここぞという場面だけ張り切るのではなく、普段からどう見られているか気をつけたいものですね。

(愛カツ編集部)