デート

恋愛デトックスカウンセリング中、婚活女性から「2度目のデートの誘いがなくて……」と相談されることが多くあります。

同じ悩みをお持ちの方、デート中にこんなことしていませんか?

デート

「今日は何時まで」と宣言する

婚活中は仕事に婚活にプライベートにと忙しくなりがち。

デートのあとに予定が入っていることも多くあると思います。

だからといって、会った瞬間に「今日は15時になったら帰ります!」と宣言するのはやめましょう。

会った瞬間に終わりの時間を宣言されると「なんだ、じゃあ◯◯にも行けない……」「今日は一緒にご飯食べられないんだ……」と楽しくない気持ちが生まれてきてしまいます。

事前に決まっているのなら、デートの約束をしている最中に「夕方はもともと予定があって……」と伝えておくのがスムーズ。

男性側も時間に合わせて事前にデートプランを練れるので、気持ちのすれ違いが少なくて済むと思いますよ。

ケータイをいじりすぎ

デートの後に別の約束が待っていたり、仕事が忙しいバリキャリ女子はデート中もケータイから目が離せない……なんてこともあるかもしれません。

でも、この行動「自分に興味ないのかな?」「自分とのデート楽しくないのかな?」と男性に思わせてしまってもったいないです。

一緒にいる間くらいは、ケータイはバッグに入れておきましょう。

どうしても気になるときには、お手洗いに立ったときにチェックするくらいにしておくことです。

自分から話題をふってこない

デートは、男性に楽しませてもらうもの……未だにこんな風に考えている女性は少なくありません。

デート後、「話全然盛り上がらないし、楽しくなかった!

」と文句を言いたくなる気持ちはわかりますが、こうした場合、相手も全く同じ感想を持っていることが多いことを頭に入れておきましょう。

楽しませ上手な男性ばかりではありません。

楽しませてもらうと受け身でいて文句を言うのではなく、

一緒に楽しむ姿勢でデートに臨んでみてください。

楽しいデートができるだけでなく、相手からまた会いたいなと思ってもらうことができるはずです。

会計時の気遣いがない

会計ってデートの中で最も気まずい時間だと思いませんか?

「自分が払うって言ってくれれば良いのに……」

「ここ、割り勘なの!?」

こんな風に会計時に不満を持つことって少なくないのではないでしょうか。

でも、これって男性も同じ。

「払わなくていいけど、払うそぶりはしてよ……」など、それぞれ思うことがあるのです。

人によって価値観が違うからこそ、気遣いは大事。

「お会計、どんな風にします?」と彼の意向を尋ねてみてください。

いかがでしたか?

自分が感じた不満というのは、相手もあなたに持っている不満かもしれません。

男性に対してデート中に気になることを、自分自身が相手にしてしまっていないか確認し、次のデートから改善してみてくださいね。(下村さき/ライター)

(愛カツ編集部)