彼氏がほしい

彼氏はほしい。でも、ぶっちゃけ……自分から積極的に動くのって、苦手。

そんな女性も多いかと思います。恥ずかしがり屋だとか、仕事が忙しくて恋活ばかりに専念できないとか、あるいは面倒くさいという人もいるかもしれません。

いずれにしても、「受け身」のスタンスを取りがちになりますが、ただ待っているだけでは効率が悪いし、ストレスも溜まります。

合コンや街コンなどに行かなくても、できるだけ早く彼氏を作るには、いったいどうすればいいのでしょうか?

彼氏がほしい

「彼氏募集中」をアピール

恋愛を“狩り”に例えるなら……狩場へ出かけないのであれば、獲物を呼び寄せるような仕掛けが必要です。

童謡「待ちぼうけ」のように、何もしないで棚ボタを待つだけでは、時間がただ過ぎていくだけでしょう。

ですので、とりあえず「彼氏がほしい」という希望を周囲へ伝えておくことが大事です。

友達とのおしゃべりや、職場での何気ない会話で、自分がフリーで恋人がほしいと思っていると明確にアピールするのです。

「誰かいい人いたら、紹介して」ここまでアピールできたら良いですが、恥ずかしがり屋さんは、無理をせずに……。

大切なのは、誰かが好きになってくれた時に、彼氏がいるんじゃないか? という誤解をされないことです。

男友達を作る

奥手な女性は、いきなり「彼氏を作るぞ!」と思っても、途方に暮れるかもしれません。

だから、いきなり彼氏を作る必要はないでしょう。とりあえずは、「男友達を作る」で良いと思います。

それも、同じ職場で働いている同僚や、趣味・好みが同じ男性と仲良くなるのです。とびきりのイケメンを望まなくていいですし、モデル体型のオシャレ男子を探さなくて大丈夫。

なぜなら、理想のタイプと実際に付き合う彼氏は、微妙に違うからです。

理想のタイプは、遠くから眺めるだけでも満足するかもしれませんが、リアル彼氏には、安心感や居心地の良さを求めるでしょう。

そのため、もともと友達だった男性が、いつの間にか恋人に昇格していた……という例は多いのです。

気軽に話せる友人をまず作り、その人を男性として見てみると、意外に早く新しい恋が始まるかもしれません。

奥手で消極的であっても、毎日職場に行って仕事はするでしょうし、同性の友人や趣味が同じ仲間はいるはずです。

たとえば、あてもなく広い宇宙であるかどうかもわからない宝を探すより、勝手知るご近所で美味しいレストランや行きつけのお店を探すほうが、断然ラクですよね。

それと同じで、自分のテリトリーから恋の芽を探すなら、それほど難しくはないでしょう。

また、「私はいつでも彼氏募集中」と周囲も知っていれば、恋のきっかけもつかみやすくなります。誰かがお似合いの男性を紹介してくれるかもしれませんね。(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)