「婚活が思うようにいかない……」と悩む婚活女性は本当に多いです。

結婚が決まらないのは、もしかしたら「この子と結婚したら大変そうかも」と思われてしまっているのかもしれません。

完璧主義すぎる

一緒にいて落ち着く女性と結婚して、家庭ではリラックスして過ごしたい……バリバリ仕事で活躍している男性ほど、こうした結婚観を強く持っています。

そのため、完璧主義な女性に対して「この子とは結婚したら色々言われそう」と感じてしまうのです。

完璧を求めて生きるのは悪いことばかりではありませんが、自分の価値観を彼に押し付けてしまわないように気をつけましょう。

オシャレなお店好き

オシャレなお店が大好きでトレンドに敏感な女性も結婚相手としては懸念されてしまいます。

というのも、やはり「記念日にこのレベルを毎回求められるのかも……」と感じることが原因。

流行に疎い男性でも、彼女や奥さんを喜ばせたいと思う気持ちは持っているものです。

自分からハードルを上げてしまわないように、お店に詳しいことは彼の前ではわざわざ明かさない方が良いかもしれません。

家族間での依存度が高い

家族同士の仲が良いのは良いことですが、どんなことでも家族に相談しているという人はちょっと注意が必要かもしれません。

結婚は家同士の関わりも避けられないもの。

ですから、あなたと家族の仲が良すぎると男性は「結婚後、二人の生活に色々口挟まれるのかな……」と不安を感じてしまいかねません。

頼りにしている部分もありつつ、きちんと自立していることを彼にアピールしておきましょう。

理想の結婚生活が細かすぎる

「結婚式は◯◯にある××であげて、新居は△△。将来のことも考えて2LDKはほしいし、ハネムーン終わったらすぐに子作り!」

女性はどうしても結婚生活に夢見がちです。

理想の生活像を持つのは良いのですが、それを事細かに述べてしまうと「これ、全部守らなきゃいけないの?この子との結婚は大変そう……」とぐったりしてしまいます。

理想像は胸にしまっておきつつ、「こういうの素敵じゃない?」と自然に彼をその気にさせていく方が賢いですよ!

 

いかがでしたか?

彼氏はできるし仲良く付き合ってるのに、結婚の話にならない……と悩んでいた方、ちょっと自分の言動を振り返ってみましょう!

言動を見直した途端に彼からプロポーズなんて嬉しいご褒美が待っているかもしれませんよ。(下村さき/ライター)