久しぶり

一般的に男女は「別の生き物」、「分かり合えないもの」と、例えられることも多いものです。

確かに体の構造は違いますし、考え方も男女では違うことが多いですよね。

でも、男女の違いをそれとなく頭のなかに踏まえておくだけでも、男性に対して腹を立てたり、不安を感じたりすることは少なくなりそうです。

今回は男性と恋をするなら、ちょっと押さえておきたいことをまとめてみました。

久しぶり

■男性のプライドってどういうモノ?

男性の生態でよく言われることは、プライドの高さです。

例えば格好良くありたいとか。世間の目から見て、「すごい」と思われたいとか。

「男性としてこうあるべき!」という姿を、気にする男性は少なくないものです。

■男性は悩みをひとに相談しない

例えば、仕事やプライベートの悩みをあまり打ち明けないことも、そのうちのひとつかもしれません。

男性は、悩みを基本的にひとりで消化する人が多いもの。

どんなに信頼の置ける恋人がいても、「格好悪いところを見せたくない」「情けない自分を晒したくない」と思ってしまうのです。

「何でも相談してくれていいからね」と彼女に言われても、自分の評価を気にしてしまい、ひとりで解決してしまうことが少なくありません。

男性が何かに悩んでいる様子で、でも事情を打ち明けない場合は、あれこれと諭すよりも見守ってあげて。

本当に辛くなったら、あなたに相談するはずです。その時は、優しく彼の気持ちを受け止めてあげてくださいね。

■男性は些細なことでは共有しない?

女性は友達とどこかに出掛けたりといった、今日遭った出来事をなんでも彼に話したくなりませんか?

でも、男性は「◯◯に行ってきた」とは言っても、あれこれと内情は話さない人が多いかもしれません。

よっぽど面白かったこと、楽しかったことなら別かもしれませんが、あまり満足できなかったことは、わざわざ人に話そうとは思わないのかも……?

女性によっては「彼が全然自分のことを話してくれない」「そっけない」と感じるかもしれませんが、男性にとってはそれが通常運行です。

「嫌われてる?」と考えず、何か気になったことがあれば「◯◯どうだった!?」と自分から聞いたりしながら、恋愛を楽しむ姿勢を大事にできるといいですね。

■男性はあまり連絡を取り合わない

男性のなかには好きな人でなければ、わざわざ定期的に連絡を取り合わない人もいるようです。

それこそ、男性って男友達と遊ぶ際も、いきなり連絡を取って会う人が多いもの。

連絡を取り合わなくて済むなら、それで……と思うのかもしれません。

というのも、女性が彼と付き合っていて、不安になるのが「連絡頻度が少なくなること」では?

付き合う前は、熱心に連絡を取ってくれた男性も、関係が落ち着いてくると連絡頻度が少なくなる男性は多いものです。

こうした違いが押さえられると、連絡のやり取りで不安を抱くことは少なくなるかもしれませんね。

男性とひと口にいっても、彼のタイプによって傾向はまるで違うもの。

でも、こうしたポイントは多かれ少なかれ当てはまることが多いと思うので、ぜひ男性と付き合う際はちょっと念頭に置いてみてくださいね。
(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)