毎日のようにLINEや会話をしていると、だんだん彼女にげんなりしてくる会話があります。

女性どうしなら延々と話しができるのに男性はどうして、あんまり話したがらないのでしょうか?

でも女性はもっと話して仲良くなりたいと思ってしまいますよね。

この溝を埋める原因とコツをご紹介していきますね!

自分の事ばかりをひたすら話し続ける

自分のことを知ってもらいたいばかりに、ひたすら話続ける人は相手の話を聞くのも苦手で会話のキャッチボールができていません。

そしてすべてに同意を求めてしまうのが女性です。自分が思った事全てに彼が同意してくれるという思い込みがありませんか?

そして毎日のように会話しないといけない。というルールは別に無いので、あまり彼に執着や強制しないようにしましょう。

自分の話が多い人は、せめてまずは彼に話を振って間に自分の話を入れて、最後は彼の話で締めるように心がけてみましょう。

ネガティブな話ばかりを延々とループ

結論が出ないようなネガティブな話を繰り返している人は、彼だけでなく周りの人もうんざりしていると思います。相談は相談でいいのですが、結果が出せる相談と愚痴は違いますからね。

ネガティブな話ばかりしている人は、一度ポジティブな話しかしないように自分で心がけてみるといいでしょう。

すると、自分がいかにネガティブな話ばかりしてきたのかが解ります。彼を楽しませるつもりで、できるだけ会話自体を楽しむようにしましょう。

一人の人の事に執着し過ぎる

彼の知らない会社や友達の誰かひとりの事を、ずっと話続けるというのは同性であっても、悪口でなくても、あまり好意的には思えないようです。

こういう人は同時に、話の細かい所にもこだわりがあり彼にとってはどうでもいいような事が多いことがあります。いわゆる内輪ネタですね。

よりリアリティを出したいと思って、会話をそのまま伝えるのも相手にとっては苦痛なものがありますから、どこかへ出かけたなら、

結果と目的だけ簡潔に話すようにして、そこで彼も楽しめるようなことがあれば、ちょっと話を広げて深く話すようにしてみては?

男性の会話は結果を求める

逆に女性の会話は共感を得たい為に話しますから、女性と男性の会話で温度差があるのは多少はしょうがない事です。

しかし、お互いが少しづつの思いやりを持てばきっと楽しい会話ができるようになれますから、会話が弾むようにまずは女性の方から変えてみてもいいと思いますよ!(只野あさみ/ライター)

(愛カツ編集部)