キスにもいろいろあるけれど、彼はどんなキスが好きで、どんなキスをしてくるのでしょうか? 彼の12星座別に、彼が好きなキスを占います。

●彼が牡羊座(3月21日~4月19日生まれ)……なによりも先に、とにかくキス

牡羊座の彼は、情熱的なキスをたくさんするのが好きです。なによりも先に、とにかくキスしたい! というテンションを込めたキスです。気持ちが落ち着くまで、とにかくキスキスキス。照れとかはにかみなどは、彼には必要ありません。

●彼が牡牛座(4月20日~5月20日生まれ)……唇の感覚を楽しむキス

感覚を大切にする牡牛座の彼は、女性の唇の柔らかさを感じたいと無意識に思っています。そのために、ゆっくりとしたペースで唇の感覚を楽しむようにしながら少しずつキスをしていくでしょう。また、首筋や耳たぶなどに女性から優しくキスされるのも好みます。

●彼が双子座(5月21日~6月21日生まれ)……驚くような場所でのキス

双子座の彼は、女性が驚くような場所でのキスが好み。観覧車の中などは当然のこと、エレベーターの中でふたりきりになった時や、友達と一緒にいても見つからないように……キスします。女性が「見られちゃう」とドキドキしている姿にもぐっとくるのです。

●彼が蟹座(6月22日~7月22日生まれ)……ハニカミながらねだられるキス

蟹座の彼は、ハニカミながらキスをねだる様子にテンションアップ。目と目が合って無音になった瞬間に、目を閉じてキスを待つ女性。それにしっかり応えるよう愛情を込めたキスをします。普段の優し気な様子とはかけ離れた、力強いキスをしたがるのです。

●彼が獅子座(7月23日~8月22日生まれ)……不意打ちのキス

女性から「キスして」と甘えられてのキスが好きです。求められることが好きな上、不意打ちのキスに弱いところがあります。振り向いた時に頬にチュッとされたり、後ろから抱きつかれて首筋にキスをされたりすると、一気にテンションが上がるでしょう。

●彼が乙女座(8月23日~9月22日生まれ)……キスをするよりされる方が好き

乙女座の彼は、始めは自分からキスをするよりもされる方が好きでしょう。女性が背伸びをしてキスをしてくれると、気持ちに火がついて、自分から大胆なキスをします。また、彼は香りに敏感なのでオーラルケアには気をつけましょう。唇にいい香りをまとって。

●彼が天秤座(9月23日~10月23日生まれ)……気軽なフレンチキス

天秤座の彼は、欧米のように気軽にフレンチキスをするのが大好き。「おはよう」「おやすみ」「行ってらっしゃい」など日常のシーンでのキスや、理由がなくとも、ふと目が合ったときにキスをしたいのです。ただ、そんなキスにディープに返されるのは苦手と言えます。

●彼が蠍座(10月24日~11月21日生まれ)……長~いキス

蠍座の彼は、長~いキスが好みです。自分からの情熱的過ぎるキスを、ちょっと抵抗しながらも受け止めてくれると、本当に気持ちを向けてくれているのだと安心するのです。キスの途中から首に抱きついたりされると、さらにそのキスは長くなってしまうでしょう。

●彼が射手座(11月22日~12月21日生まれ)……頬からおでこ、そして唇

いざとなるとシャイなところが出る射手座の彼。最初は頬にチュッとするようなキスが好きです。そして、頬からおでこ、まぶた、鼻……女性の反応を見ながら次第に唇に向かうのです。ディープなキスがちょっと苦手なので、あまり情熱的にならないように気をつけて。

●彼が山羊座(12月22日~1月19日生まれ)……じっくりと時間をかけるキス

山羊座の彼は、じっくりと時間をかけるキスが好み。ゆっくりと互いの愛情を確認するようなキスをするのです。そのせいで、ふたりきりになれてくつろげる空間にいる時にしかしません。たとえ観覧車であっても、外にいると思うと落ち着かないのです。

●彼が水瓶座(1月20日~2月18日生まれ)……どんどん深くなっていくキス

水瓶座の彼は、ロマンティックモードでキスをするのが好きです。バードキスのように軽い感じであちこちにチュッとしながら、「好き」「愛してる」と言葉を交わし合います。どんどんキスが深くなっていくのが好みです。女性が積極的なのも歓迎します。

●彼が魚座(2月19日~3月20日生まれ)……ディープキス!!

キスの深さは愛の深さ。魚座の彼は、お互いの情熱度がわかるディープなキスが好きです。しっかり時間をかけ、舌がちぎれんばかりのキスをします。そのキスに応えて女性が甘いため息をもらしたら、さらに熱心にキスをしかけてくるでしょう。

●さいごに

身体は許すけどキスだけは好きな人としかしない、なんていう映画もありました。キスはとっても大事なスキンシップ。この占いを参考に、ぜひ彼の好きなキスをしてあげてください。(マーリン・瑠菜/占い師)

(愛カツ編集部)