私と付き合う前から彼を知っている、彼の女友達。この人たちって、どうも厄介。いい子ならいいのですが、妙に彼になれなれしかったりして、はっきり言ってウザい存在ですね。

でも、そんなウザい子でも彼は友情を感じているのだから、本当に迷惑というかイラっとするというか……。なんでそんな子と友達になっているんだろう。

なにか理由があるのかな。

今回は、彼の女友達から見えてくる彼の恋愛傾向を覗いてみようと思います。

彼に女友達はいますか?

いる場合

彼が女友達にどんなもの求めているのかを探ります。

・女友達にはどんなタイプが多いのか……見た目がいい、美人や可愛いタイプが多いかどうか。男っぽい女性はいるか。
・彼女達に共通する部分は……SNSで見つけた友達、地元、友達の友達など浅く広くなのか。

女友達のジャンルをよく見ておきます。美人で明るい、などなら彼女候補かもしれません。自分とその女友達との違いや不足を見つけ、補うようにします。

草食系男子だったり、趣味の仲間だったり、女性が地味なら本当の友情かも。でも油断は禁物です。女性のほうが好きになることがあるので注意です。

新しい女友達は要チェック

女友達がいる男性というのは、近くに気に入った人を置いておきたいタイプなので、女友達を隠れみのにして恋人候補、セフレ候補を近くに……というのもあり得ます。チェックしておきましょう。

いない場合

彼にとって女性は本当に異性であり、ロマンチックな存在。男同士のように気軽に話しかけたり、軽口をたたいたりはしません。まるでアイドルやお姫様のように思っています。

女友達がいない男性は、女性を、恋愛できるかどうか、エッチができるかどうか、したいかそうでないかを分けています。友情の概念はありません。

この場合はSNS上の女友達はカウントしません。

とすれば、「女友達ができた」ということになったらそれは恋愛対象の人ということになります。

女友達、彼にとってなに?

美人ばっかり。または、スリムなスタイルや家が近い、年下など、一定の法則のある女子

(これは好きなタイプや条件の一つだったりします)なら恋の感情はあり。

法則はなくルックスもバラバラ、遠距離もいれば年上もいるカオス状態なら、恋の感情はないでしょう。

とはいえ、「男には純粋な女友達はいない」と思ったほうがいいかも。好意という感情がなければ、そもそも友達にはなりません。女同士の友情もそうですよね。もちろん恋ではないけれど、好きだから女同士で友達になる。

男女でも(恋ではなくても)好意がなければ友情にもならないです。

ですから「友達だよ」とむきになって主張したり「友情、友情」と過剰にアピールする場合は、恋になりそうなのか警戒したほうがいいかもしれません。

 

いかがでしたか。

彼に女友達が多い場合。多いことはいいことですが、女友達となるとそれを隠れみのにしたり、それなりにモテたりで不安もあるでしょう。

一番いいのはその女友達をしっかりと紹介してもらうのがいいと思います。(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)