デートに不満

デート中の女性の些細な行動により、男性は嫌な気分になったりすることもあります。

その不満に気づかないままでいたら、「またデートしたい」とは思ってもらえなくなるかもしれません。

そこで今回は、男性がデート中に「不満に感じていること」を紹介します。

デートに不満

■自分の「本音」を言わない

出会って間もなかったり、まだ付き合いたての頃だったら、デート中も相手の男性にかなり気を遣ったりするでしょう。

「嫌われたくない」という思いも強くあるでしょうから、余計に男性に合わせようとしたりもするかも。

でも、多少は自分の本音や本心も見せてくれないと、男性からすると大きな壁のようなものを感じてしまいます。

「何が食べたい?」とか「どこに行きたい?」と聞いても、「任せる」とか「何でもいいよ」といった答えしか返ってこなかったら、男性もガッカリするはずですよ。

■「買い物」ばかりする

男性は女性の「買い物」に付き合うことが本当に苦手。

女性の買い物は長くてなかなか終わらないので、ただひたすらそれを待っているだけの男性には苦痛の時間でしかないのです。

にも関わらず、デート中に女性が自分の買い物にばかり夢中になっていたら、男性的には何も楽しくないでしょう。

デートはふたりで楽しむ時間なので、自分の欲望を満たすことしか考えていない行動を取ると、二度と誘ってもらえなくなりますよ。

■「写真」を撮ることに夢中

話題のデートスポットに行ったり、美味しい料理やスイーツを食べたりしたら、SNSに載せるために写真を撮ったりもするかもしれません。

でも、デート中に女性がSNS用の写真撮影にばかり夢中になっていたら、男性は「SNSのためにデートをしているのかな」なんて気持ちにもなるでしょう。

思い出にと写真を撮るのは悪いことではないですが、そればかりになってしまうのはさすがにNG。

そもそもデート中に、SNSをアップすることに時間をたくさん費やすのも、男性は不満に感じるはずですよ。

■ずっと「文句」を言っている

「人が多くて嫌だね」「なんか今日暑いよね」「あの人たちうるさいな」などと、口を開けば文句ばかりの女性。

そんな女性と一緒にいても、幸せな気持ちには全くなれません。

愚痴や文句を一切言ってはいけないわけではないですが、デート中はさすがに控えるようにはするべき。

ネガティブな発言よりも、気分が盛り上がるような発言を心がけると、「この子とのデートは楽しい」と単純に思ってもらえるものですよ。

おわりに

自分本位な行動が多い女性とは、楽しい時間を共有することも難しくなるでしょう。

あくまでもデートはふたりで楽しむものなので、自分の欲望ばかりを満たそうとするのはNGですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)