彼とLINEをしているときに寝落ちしてしまい、次の日に慌てたという経験はありませんか?

寝ないようにと気を張っているはずなのに、気付いたら瞼が落ちてきてしまう…。

日頃の疲れが取れないという人にありがちですよね。

しかし、いくら疲れているとはいえ、大好きな彼とのLINEで寝落ちしてしまうと、「俺とのLINEはつまらないのか」と思わせてしまい、不安な気持ちに。

では、寝落ちしないためには、どのように過ごすのが良いのでしょうか。

■1:横にならない

スマホをさわりながらついつい横に…そうすると脳が身体に寝ていると指令をだし、徐々に眠たくなってしまいます。

横になっていても寝ないようにするのはとても大変。

心では寝まいと思っていても、瞬きをするたびにその時間は長くなっていき、いつの間にか夢の中へ…ということも珍しくはありません。

横になって寝てしまうのなら横にならない、眠たくなるような体勢は取らないということを徹底すること。

そうすれば、いつの間にか寝てしまうということは大分少なくなるでしょう。

■2:返信待ちはマッサージ

ただスマホを見つめて返信を待っているだけでは眠たくなってしまいますよね。

そんなときはマッサージや体操でカラダを動かしてみてください。

首をまわす、頭を刺激する、足裏をマッサージするなど、自分でできる手軽なもので構いません。

手の甲にも、目を覚まさせるツボがありますよね。

自分で気持ちがいいと感じる程度の力を入れると血行も良くなり、冷え性対策にもバッチリ。

また、ふくらはぎのマッサージをすればむくみ予防にもなりますよね。

返信が来るまでタイムロスがあるときは、マッサージで寝落ちを防ぎましょう。

■3:コーヒーを飲む

コーヒーには脳を覚醒させるカフェインが多く含まれているため、眠気覚ましの効果が期待できます。

もし、コーヒーが苦手だというのであれば、紅茶や他の飲み物でも代用可能。

カフェインが含まれている飲み物なら何でも構いませんので、どのようなものにカフェインが入っているのか見てみると良いですね。

また、効果は薄れますが、何か飲み物を飲むという行為自体も、眠気覚ましになります。

夜にあまりカロリーの高い飲み物は飲みたくありませんが、炭酸水でのどを刺激して眠気を覚ますなど、あなたが飲みやすいものを選んで飲んでも良いでしょう。

■4:ガムを噛む

飲み物を飲まなくても、ガムを噛んだり飴を舐めたりと、顎を動かして脳を刺激するというのも効果的です。

しかし、夜に糖分の多いものを食べるのはカロリーが気になりますよね。

寝落ちをしない代わりにお菓子を食べて太ってしまった…というのはシャレになりません。

そんな人には、ひたすらガムを噛むのがオススメ。

甘いのではなくシュガーレスのガムや、ブラック系・ミント系のスッキリした味のものを選ぶと、より効果を実感しやすくなりますよ。

■5:目薬をさす

てっとり早く効果を実感したいのであれば目薬をさすのが良いでしょう。

目薬をさすと目がスーっとして頭が冴えるため、結果として眠気を覚ますことができます。

目薬なら置いていても邪魔にならず、いつでもすぐにさすことができるのでとても手軽ですよね。

しかしこの方法は常に持続するわけではありません。

少し時間が経つとまたすぐに眠たくなってきてしまいます。

とは言え、動かなければいけないけど眠くてなかなか動き出せないときには瞬間的に目を覚ますことが出来るためとっても便利。

テーブルの上や枕元、カバンの中など、いくつか置く場所を決めてすぐに使えるようにしておくと良いかもしれませんね。

いかがでしたか?

眠気覚ましの対処法をいくつか知っておくと、いざ寝落ちしそうになったときにすぐ実践することができますね。

「寝落ちしたぐらいで怒らないでよ」と言いたいところですが、彼も眠たい目をこすりながら、あなたとのLINEを楽しみにしているのかもしれません。

そんな彼のためにも寝落ちをしないよう、ぜひ以上のことを取り入れてみてくださいね。