ポジティブ

ポジティブな人と話していると元気がもらえますよね。

それと同時に、明るく周りを盛り上げられるポジティブな人に憧れを抱いたこともあるのではないでしょうか。

とは言え、急に「わたしも今日から変わろう!」と思っても、なかなか簡単なことではありありません。

その時だけはポジティブになれても、少し経つとまた元通りの思考に逆戻りしてしまうのです。

では、どうすれば根っからのポジティブに変わることができるのでしょうか。

ポジティブ

■笑ってもらう

よく、落ち込んだときには「ポジティブに考えよう!」と自分を奮い立たせることがありますよね。

しかし、心で思ってはいてもなかなかスッとポジティブに思考を変換することはできません。

そんなときは1人で落ち込まず、その原因となったことを話題にして友だちに笑い飛ばしてもらいましょう!

「聞いてよ~!今日こんなことがあってね~!」と、おもしろおかしく話すことであなた自身の身も軽くなり、落ち込んでいたことがだんだんと馬鹿らしくなってきます。

“笑い”はポジティブ思考の基本!

どんなに辛いことがあっても、笑うことさえできれば気持ちも軽くなり、前向きになれますよ。

■小さな幸せを感じる

あなたにとっての幸せとは何でしょうか。

お金持ちになること、結婚すること、仕事で成功すること…。

いろいろな幸せがあるかと思います。

しかし、幸せというのはそのような大きなことばかりではありませんよね。

おいしいご飯が食べられた、温かいお風呂に入れた、ランチの約束をしたなど、小さな幸せもたくさん溢れているのではないでしょうか。

自分が思う小さな幸せをたくさん感じていれば、あなたはきっと「幸せだ」と感じることができます。

そして、人は幸せであればあるほどポジティブに物事を考えられるようになるのです。

少しでも多くの“幸せ”に気付けるよう、常にアンテナを張っておきましょう。

そうすれば、自然と幸せを感じられるようになり、性格も明るく前向きになるのではないでしょうか。

■他人を褒める

人は、誰かを褒めることで自分も嬉しく幸せになる生き物。

明るく前向きな気持ちになりたいのなら、まずは誰かを褒めてみましょう。

逆に、人の悪口を言っているときは、イヤな気持ちで心がいっぱいになってくるはず。

人を陥れるような人は、ネガティブな人の象徴とも言えます。

「今日の服かわいい!似合ってるね!」など、どのようなことでもかまいません。

誰かを褒めるということは、周りをよく見て認めることができている証拠。

他人を認めることができなければ、あなたの心は豊かにならずどんどん黒くなっていってしまいますよ。

人の良いところは積極的に褒めて吸収し、さまざまな刺激を受けることが大切です。

おわりに

いかがでしたか?

憧れのポジティブ女子になるためには、少しでも前向きに物事を考えられるようにしていかなければなりません。

しかし、ポジティブになろうとばかり考えていては、そのストレスで追い詰められてしまうということもあり得ます。

そんな状態になってまで、無理して明るくする必要はありません。

楽しいときは笑う、悲しいときは泣く、そして前向きに考えられるときは前向きに考える。

これだけで、ポジティブな人に少しずつ近づいていけるようになるのです。(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)