ふと発してしまったひと言によって、男性からの印象がものすごく悪くなってしまうこともあります。

ちょっとイラっと感じたときなどは、きつい言葉を言ってしまったりもしがちなので、注意が必要になってくるでしょう。

そこで今回は、一瞬にして「男性の気持ちが萎える」女子のひと言を紹介します。

■「それでも男?」

男としての尊厳や威厳を奪い取ってしまうような言葉は、男性には絶対に言ってはいけません。

男のプライドもズタズタにされるので、あなたに対して怒りすら覚えることでしょう。

「それでも男?」とか「男のくせに」、「男でしょ」といったひと言は、その典型であるとも言えるもの。

男らしさが感じられないような行動を取られたりしたら、思わず言いたくもなるかもしれませんが、ケンカを売っているようにしか思われませんよ。

■「口だけじゃん」

あまり自分から行動を起こさないような男性には、「口だけじゃん」と言ってしまいそうになることもあるでしょう。

ただ、その言い方にはやはり敵意のようなものを感じるので、男性の中にも敵対心が芽生えたりもしやすいです。

せめて「やってみたらいいかもよ」と、行動を促してあげるような言葉にすると印象は大きく変わるかも。

そういった自分の背中を押してくれるような言葉を投げかけてくれる女性のことは、「自分の一番の味方」と感じたりもするものですよ。

■「どうせできないでしょ」

軽い冗談っぽく言ったひと言だとしても、「どうせできないでしょ」というひと言には、男性は相当腹が立つはず。

「あなたなんかにできるわけがない」と言われているのと同じなので、かなり馬鹿にされている気分にもなるでしょう。

やる前に否定をしてしまうのは、相手の人格そのものを否定しているのと何ら変わりがありません。

できない確率が高かったとしても、応援してくれたりフォローしてくれる女性にこそ、男性は心を奪われるものですよ。

■「つまんないな」

一緒にいるときに、女性から「つまらない」と言われたら、男性の気持ちは一瞬にして萎えてしまいます。

しかも、それが2人きりでいるときだったら、そのショックは相当大きくなるはず。

「つまんない」とか「疲れた」といった言葉は、つい無意識的に口から出てしまったりもしやすいです。

でも、男性は「俺といても楽しくないんだ」と確実に感じるでしょうから、不用意にポロッと言ったりしないように、十分に注意しておくべきですよ。

おわりに

女性の言葉は、男性の心には大きく響くものです。それがプラスに働けばいいですが、マイナスに働いてしまうと、一瞬にして嫌われてしまう可能性だってありますからね。 (山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)