浮気

男性のDNAには「浮気」という二文字がインプットされている生き物。

本能的にはどうしても、浮気してしまう生き物なのです。

彼氏が浮気をしないか、不安を抱えている女性もいらっしゃると思います。

男性はどういうときに、浮気に走ろうと思ってしまうのか?

そのきっかけについて本日はご説明したいと思います。

浮気

①「好みの女性」を見かけた時

「彼女がいても、飲み会で素敵な子が隣に座ると、ついつい一生懸命話してしまいます」(29歳・広告代理店)

「SNSで可愛い子を見つけてしまうとつい、メッセージしたくなる自分がいる」(30歳・コンサル)

男子は狩猟民族。どうしても、魅力的な女性を見かけてしまうと、つい我慢できなくなってアプローチをしてしまうことがあります。

手を出してしまうかは、本人の倫理観によるところが大きいですが、多かれ少なかれ、心は動かされてしまうものです。

②二人きりの飲みに誘われた時

「彼女がいると知っているはずなのに誘われると、奪いに来ているのかなと思う」(25歳・IT)

「お、これはチャンスって思っちゃいますね。女性に誘われると。ちょっとくらい遊んでもいいかなって」(28歳・商社)

男子としては、誘われると「据え膳食わぬは男の恥」とその機会を生かそうと都合よく考えることがあります。

根本的にはそれを防ぐことはできません。

そういう軽い男子を見限ってしまうのか、野に放しておくのか。

それはあなたの度量次第だと思います。

③元カノや昔の片思いの相手からの連絡

「元カノから連絡が来ると、これは復縁したいのかな。と思ってしまう」(25歳・国家公務員)

「初恋の子と同窓会で再会して、いい感じになってしまって。本当に悩む」(29歳・サービス業)

一度はお互い通じ合っていた「元カノ」は一番手軽な浮気相手だと思います。最近は別れても友達、みたいな男女が多いので要注意ですね。

本気か一時的に寂しいか、いろいろなパターンがありますが、これを防ぐには「元カノとの連絡はやめて!」と付き合うときに言っておくのが一番ですね。

あと、初恋の人や、昔片思いだった人と同窓会で再会するのも危険パターンです。

「同窓会」があるときは早く帰ってきてもらう、に限りますね。

④別れそうになっているとき

これは言うまでもないことですが、今の関係に疲れているとき、もうどうでもいいや、と思っている時は、浮気することに抵抗がなくなってしまいます。

ここまで来ると、責任がどちらにあるとも言えないのですが、相手のことを本当に大事に思っているなら、関係が悪化したらすぐに修復することを心がけましょう。

 

いかがでしたか?

男子は基本的には浮気する生き物、と考えましょう。

そのリスクを管理するのは、誰でもない、あなたです。

そもそも浮気性な人を選んだなら仕方ないのですが、そうでなければ、こういったリスクは敏感に察知し、浮気の芽をつみましょう。

(愛カツ編集部)