2018.4.15

彼と付き合っていて、ふたりの関係に不安を覚えたことはないでしょうか。世の中には察しが悪かったり、自分の思うままに行動してしまったりする男性もいるもの。

そのため、付き合っている身としては、彼が浮気をしているんじゃないか。ほかに好きな人ができたんじゃないか。
連絡頻度が少なくなったり、デートする日が少なくなると、そんな心配を抱いてしまう女性もいるでしょう。

そこで今回は、男性が本当に好きな人しか見せないサインをご紹介します。

自分のことを逐一見ている

好きな人のことは、つい気になって見てしまうもの。それは男性だって同じでしょう。

たとえばデート中なら、彼女が退屈していないか。疲れていないか。気持ちが離れていないか――。こうした様子が好きな人に見られては、恋人として切ないですし、寂しいですよね。

あなたのことを本当に想っている男性なら、気持ちに寄り添った配慮が必ずあるはずです。

それこそ、疲れているように見えたなら「疲れちゃった?」と気遣う言葉が聞けたり。

「〇〇に行ってみようか」と、雰囲気のマンネリを防ぐような言葉があったり。

どんなに言葉数が少ない男性でも、何を考えているかわからない男性も、雰囲気や言葉からこうした配慮は見られるでしょう。

彼があなたを気にしてみているのは、それだけあなたのことが好きな証拠――。その気持ちだけは受け止めてあげて、あなたの気持ちも彼に見せてあげられるといいですね。

ご飯を奢ってくれる

ご飯を奢ってくれるのは、ひとつの愛情の区分になる気がします。

好きでもない人にわざわざ奢ったりはしないでしょうし、金銭的に余裕がないなら、なおのことです。

デート毎、食事毎じゃなくても、デートのなかでどこか一回でも奢ってくれるのなら、彼の愛情はそれだけ強く、深いものでしょう。

好きな人には無条件に尽くしてあげたいもの――。親が子どもを思うように、無償の愛は恋人間でも成立するはずです。

彼が定期的でもご飯を奢ってくれるなら、それだけあなたのことを大事にしたいと思っているから。

なかには当たり前に感じてしまう女性もいるかもしれませんが。彼が奢ってくれたら欠かさずお礼が言えるといいですね。

長電話をする

好きな人の顔や声をしばらく聞いていないと、合間にLINEをしていても、つい相手の存在が恋しくなりませんか。

本当に好きな人には、男性も「いまから電話してもいい?」「声聞きたいから」と、メッセを飛ばしてくると思います。

声が聞きたくなるのは、やはりそれだけ恋をしていて、あなたのことを想っているから――。

また、電話がつい長電話になってしまうのは、相手と話しているのが居心地がいいからでしょう。

「次に会うのいつにしようか?」なんて、デートの予定をこぎ着けるのは、寂しさや恋しさを埋める意味もあるかもしれませんね。

 

いずれも、本当に好きな人でなければ見せないサインだと思います。

彼の愛情が本物か悩んでしまったら、冷静にこんなポイントに注意してみて。あなたが思っているよりも、彼はあなたのことを愛してくれているかもしれませんよ。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)