本気で好きになった人に好きですと言えれば、そりゃあもちろんいいわけですが、このたった3文字がなかなか言えないとか、やっぱ男子から告白されないと、と思っている場合は、彼になにを伝えれば好きという思いが成就されるのか、というのが本項のテーマです。

本気で好きになった男子に、女子はなにを伝えると、恋がまるっとうまくいくのでしょうか。さっそく見ていきましょう。

■「彼氏いなんだよねぇ」

最近の若い男子は「この女子には、彼氏いなんだ」という確信が持てないと動かないので、このような傾向から言うなら、片思いの彼に「彼氏いないんだよねぇ」は言っておくべきですよね。

むかしは、彼氏がいようといなかろうと、そんなの関係なく告白する……で、「ごめんなさい、今わたし、彼氏とラブラブなんで」とかなんとか言われたりしていましたが、もう当たって砕けろ的な武士は絶滅危惧種か?

もっとも最近では、ちょっと不倫しただけで袋叩きにあうので、男子だってアホではない、やっぱり「彼氏がいないというのがわかった上で行動しよう」と思っているのですよ。

■「付き合った人としかエッチしたことない」

付き合った人としかエッチしたことない、というのは、裏を返せば、付き合ったらヤルべきことはヤリます宣言、なわけですよね。

男子って、好きな女子にアプローチするときに、「アプローチするという努力の先にパラダイスが待っているかどうか」を考えます。女子の身体だけが目当てではない男子であっても、やっぱり20歳も過ぎれば、恋愛ってあの行為も込みだよね~と思っているのです。

ちなみに、20代前半くらいで「わたし、あの行為って、やってもやらなくてもどっちでもいい。むしろしないほうがいい」と思っているそこのあなたは……20代後半になると、エッチの重要性が理解できるようになるかもしれません。

20代前半の女子って、エッチに関してはまだつぼみで、20代後半くらいから花が咲き始め、満開になるのは40代半ば……という研究結果もあります。

■「暇なんです!さみしいんです!」

男子って、好きになった女子のことをものすごいリア充みたいに捉えるクセがあります。心身ともにリア充の子=おれが好きなあの子、という具合に。

あなたが仮に、家に帰ったら毎日暇で、見たいんだか見たくないんだかわからないテレビの連続ドラマを見て、やらなくてもべつにいいと思っている暇つぶしのためのスマホゲームをやって……という暮らしをしていても、男子の目には、あなたはリア充に映っています。

なぜなら男子は、あなたに輪をかけて暇だから。暇というか、なにをやっても、イマイチ心が満たされないのです。

なぜか? たいていの若い男子は生き惑っているからです。つまり心血を注げる対象を探している途中であり、ゆえに救いの女神みたいな人を求めているものだから、好きになった女子がまぶしく見えるのです。

だから「わたし暇なんです! 毎晩さみしいんです!」と言わないと、彼は「この子、リア充っぽいから、付き合ってもおれ、ひとりぼっちで待ちぼうけを食らうかもしれない」と思ってしまうのです。

いかがでしょうか。

好きな人に好きとストレートに言えるフランス人やイタリア人がこの項を読んでも「は?」としか思わないと思いますが、まぁ日本人であるあなたは、よかったら参考にしてみてください。(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)