モテる女子

気の利いた男性は、初対面の女性には、回答しやすい質問をしてくれるものです。

一方で、回答しにくい、センスのない質問としては、「趣味は何?」という、ありきたりな質問。

もしくは、「以前はどんな男性と付き合っていたの?」というデリカシーのない質問。

過去の恋愛については、そもそも初対面の場では取り上げるべきものではありません。

では、そういった「センスのない質問」に対してはどのように回答するのがいいのでしょうか?

モテる女子

①出身地は?(首都圏の合コンのケース)

出身地はどこ? と聞く男性。これは鉄板の質問ではありますが、聞く男性の方にセンスが求められます。

たとえば、「北海道!」とか「沖縄!」とリゾート地や特徴のある場所が出身地だと話は比較的盛り上がりやすいのですが、

特徴のない、知名度の低い県の場合、そこで話が途切れてしまいます。すると、会話はいきなり寒いムードに。

これは質問をする方も悪いのですが、もし知名度の高くない県や町が出身の場合、簡単なひとことPRをして、すぐに次の人に振ってしまいましょう。

地方の場合は、そもそも出身地の話題にはならないですよね。

②過去の恋愛について

これも聞くほうがNGの質問ではありますが、この質問もいなし方を間違えると、その後に響いてしまいます。

もし、合コンの場合は女性陣全体で事前に「恋愛に関する質問はお互い、本当のことは知らないふりをする」という確認をしておきましょう。

何人と付き合っている?⇒本当は50人や0人だったとしても、5人程度に留めておくのが無難ですし、

どのくらい彼氏いないの?⇒本当は1日や3年だったとしても、2-3ヶ月かな。と言っておくのがよいでしょう。

極端な事実を相手に伝えても、何もいいことはありません。

③趣味の質問

お互いのことを知りたいのだけれど、きっかけがつかめない場合、一番無難な質問として「趣味は何ですか?」を使うと思います。

でも、これが意外に盛り下がる質問だったりします。

「旅行」「読書」のように、ポピュラーな趣味を言ったとしても、相手がそれを好んでいなかったり、読書の場合は、好きなジャンルが全く違う場合、会話は全く弾みません。

一方で、マニアックな趣味の場合、お互いに共通する知識が無いので、それも会話が寒くなる原因となります。

「趣味は何ですか?」は一番ポピュラーな反面、一番地雷となる質問となります。

趣味を聞かれた場合、本当に自分が好きなことがない場合は、あえて「趣味はないです」と回答するのもありです。

質問した側は凍ってしまうかも知れませんが、そういうセンスの無い質問をしてくる相手は、あまりいい男ではないでしょう。

結局のところ…

気の利かない質問をされるということは、相手のレベルもたかが知れている、ということもありますし、相手もあまりあなたに期待をしていない、ということになります。

そんな悪問のために、その後の墓穴を掘ることはありません。無難かつうまく受け流す回答を心がけましょう。

(愛カツ編集部)