2018.4.14

何か決定的な理由がないと、別れ話を切り出すのもためらいますよね。

ましてや彼との付き合いが長くなってくると、もう後には引けないという思いも出てくるでしょう。

でもいまの彼と付き合い続けて、果たして幸せになれるのでしょうか。

そこで今回は「別れたほうがいいかもしれない男性の特徴」についてご紹介します。

1、 気遣いが皆無

・「食事に行ってもソファ席に座ってしまうし、私が歩くのが遅いとどんどん先へ行ってしまう彼。これから付き合い続けても我慢することが多そうだなと思いました」(24歳/一般事務)

レディーファーストという言葉がありますが、「何で男がそんなことをしなければいけないんだ」と思っている人も。

たしかに誰しもに気を使う必要はありませんが、自分の彼女にくらいは優しくしてほしいですよね。

また「少しでも自分がラクをしよう」という考えから、彼女を都合よく利用する男性も。一度注意をしてみてそれでもダメなのであれば、別れてしまったほうが良いかもしれません。

2、 結婚に否定的

・「私が結婚の話を持ち出したら『そんなの紙切れ1枚の話じゃん』と真っ向から否定された。このまま付き合っていてもダメだと思い、スパッと縁を切りました」(29歳/住宅)

価値観が違うといえばそれまでですが、男性の中には「好きだから付き合っていたんじゃないの?」「結婚のために付き合うなんて打算的だな」と思う人も。

でも出産や子育てを考えると、女性が時間を逆算して考えるのはごく自然なことです。

もし彼に結婚をする気が全くないのであれば、タイミングが合わなかったと思って潔くお別れするのも方法です。そのほうがダラダラ付き合うよりも、気持ちがスッキリでしょう。

3、 口だけで行動しない

・「『換気扇の調子が悪いから見てほしい』とお願いをしても、『わかった。休みの日にやるから』と言って、一向に何もしてくれない彼。結婚を見据えて同棲をしていたけれど、別れるべきかなと思いはじめました」(26歳/OL)

マメな男性ってどんなに疲れていてもすぐに行動に移すものです。いまは何とか我慢できても、これから先ずっと一緒にいるとなると、イライラすることも増えてきてしまうかも。

「また口だけで何もしてくれないんだ……」と彼への信頼もなくなってしまいます。そのうち「こんな人のために家事をしてあげるなんてバカバカしい」と、愛情すら失われてしまう可能性もあるでしょう。

おわりに

未来の自分のためにも、彼と別れたほうが幸せになれる場合もあります。

じっくり考えて、決断するようにしてくださいね。(和/ライター)

(愛カツ編集部)