出会い市場に必ず存在する「悪い男」。ついつい人恋しいときには、センサーが鈍って、悪い男を引き寄せてしまうことも。

敵もさるもの、あなたに男性経験が少ないと気付くと、たちまち付け込んで、あなたを都合のいい女にしようとします。

ここでは、そういった悪い男の見分け方をお伝えします。

彼らはパターン化されているので、これだけ覚えておけばほぼ撃退できますよ。

1・LINEやメールのレスが「毎回」早くマメ

このタイプは間違いなく獲物=あなた、を狩りに来ていると言ってよいでしょう。ここでのポイントは「毎回」。

もちろん、普通の男性も気に入った相手にはできるだけ早くメールを返したいもの。

でも、何を返したらいいだろう、と迷ったりするのが普通の男性です。

毎回マメに連絡してくる男性は、釣り針を垂らして相手を狙っています。

食いついたあなたを決して離そうとしません。

そしてあなたをモノにして、味わい尽くすと、一変してレスが返ってこなくなります。

こうしてあなたは都合のいい女にされてしまうのです。

すぐにレスをもらえると嬉しくて舞い上がってしまうと思いますが、毎回即レスというのは普通に考えるとあり得ません。

スムーズすぎる話には注意してくださいね。

2・「過去」の自慢話が多い

自分が過去にどれだけモテたか、を話題にしたり、こんな大仕事をした、と過去の自慢話をしてくる男性に出会ったことはありませんか?

ここでのキーワードは「過去」。今の仕事の自慢話をする相手は、自信家で逆にポイントが高いと思います。

しかし、過去の話をひたすら繰り広げる相手は要注意。

そういう相手は、過去の「恋愛履歴」も絶対に男性の間で漏らしています。

あなたも彼らの「過去の一つ」とされてしまう可能性が高いのです。

男の器としても大したことありませんので、近寄らない方がいいです!

3・「目を見つめて」甘い言葉をささやく

気になっている人に「●●のこと、好きだよ」「●●のこと、すごく気になってる」と目を見てささやかれると、ドキッとして陥落してしまうこともあるかもしれません。

ここでの要注意ポイントは「目を見つめる」です。

普通の男性はよほど自信がない限り、相手の目を見つめて話をすることはできません。

にもかかわらず、出会ってすぐに目を見て話してくる相手。それは恋愛の玄人、悪い男です。

過去の成功体験をあなたに応用しているだけなのです。

少しくらい自信がなさげな相手の方が真面目に付き合うにはいいと思いますよ。

ここにあげたポイントに合うからと言って、必ずしも悪い男とは限りません。

でも「何かこの相手おかしいな」と思ったらすぐにこのヒントを読み返してください! あ、やっぱり。。。と思ったら失敗する前に対策しましょう!
(ハラマキ/ライター)

(愛カツ編集部)