2018.4.21

自分の就きたい職につけ、「仕事が何よりも生きがい!」と思っている女性もいるはず。

同性からは憧れることも多いでしょうが、恋愛面から考えるとどうなのでしょうか。

そこで今回は「バリバリ働いている女子への本音」について、男性陣の意見とともにご紹介します。

1、 カッコいい!

・「俺は尊敬できる人が好きなので、カッコいいなって思いますよ。なので年上で仕事ができる女性とか最高ですね」(28歳/人材)

自分のやりたいことをやっている女性は、素直にカッコよく見えるよう。「俺も頑張らなきゃな」と刺激をもらえるようです。

特に仕事への熱意が強く、意識が高い男性とは切磋琢磨して成長できるよう。あなたのことを受け入れている証拠でもあるので、このようなタイプの男性と付き合うのはアリかもしれませんね。

2、 結婚も視野に入れられる

・「結婚して子どもができて……ってことを考えると、共働きできる女性のほうが良いですね。せめてパートでもいいから働いてほしいです」(31歳/営業)

将来のことを考えると、共働きを望んでいる男性が増えているよう。「結婚したら寿退社一択!」な女性よりも、仕事への意欲があったほうが、彼らも安心できるようです。

仕事が好きな女性は、日ごろから「働くことが楽しい」と伝えておいても良さそうです。

3、 自分より稼がれるのは……

・「元カノが俺の給料の倍稼いでいたんだけれど、少し卑屈な気持ちになってしまいました」(25歳/福祉)

給料だけを比べてしまうと、変なプライドが出てきてしまうよう。女性からすると「そんなこと気にしなくていいのに……」「器が小さいなぁ」と思いがちですが、

「男として情けない」という思いからか、どうしても引っかかってしまうようです。自分の給料の大小に関わらず、年収等の話はザッとするだけでいいのかもしれません。

4、 イライラしているのだけは勘弁!

・「同棲している彼女は、繁忙期になるといつもイライラしはじめる。支えになってあげたいとは思うけれど、暴言を吐かれると一気に不快な気持ちになります」(33歳/販売)

「疲れている」「仕事で嫌なことがあった」を言い訳にして、つい彼に冷たく当たっている人もいるのでは?

バリバリ働いていることに関して不満はないけれど、八つ当たりされるのだけは勘弁との声が挙がりました。

これじゃどんなに仕事ができても、「人としてどうなの?」と思われてしまいます。忙しい時こそ冷静になれる自分を作りたいものですね。

おわりに

「バリバリ働いているから恋愛対象から除外される」というわけではなく、やはり最後は人間性が問われるようです。

仕事も恋も両方掴めるような、素敵な女性になりたいものですね。(和/ライター)

(愛カツ編集部)