「彼のプロポーズを待っているのに、向こうには何だかその気がないみたい……」

このようなお悩みを抱えている女性もきっといるでしょう。

しかしながら交際が上手くいっていないわけじゃないからこそ、彼と離れる気持ちにもなれないものです。

そこで今回は「男性がイマイチ結婚に踏み切れないわけ」についてご紹介します。

1、 現実的に考えていないから

晩婚化が進んでいるとはいえ、出産や育児のことを考えると「30代のうちには結婚したい」と思っている女性も多いはず。

でも男性は漠然と「まだ遊んでいたい」「その気になればいつでも結婚できるだろう」と考えがちなため、なかなか結婚に踏み切れないようです。

結果、女性にとって大切な20代~30代に真剣交際をしつつ、ゴールイン前に破局……なんてケースも。

こればかりはタイミングや人によって考え方が違うので、一概に何が悪いとは言えません。

ただ「私は結婚前提で付き合っているのに、彼はその気がないらしい」というのであれば、早めに別れてしまったほうが良いのかも。

2、 勇気が出ないから

結婚するとなると、基本的には彼が一家を支えることになるでしょう。もし子どもができたら、金銭的にもさらに負担は大きくなります。

真面目な男性ほど「自分のことで精いっぱいなのに、家族を支えるなんて想像できない……」と不安になるものです。そのため彼女から「結婚」というワードを出されると、ついイライラしてしまう人も。

でも当然ながら、彼はあなたのことが嫌いなわけではありません。だからこそお互いにどうしたら良いかわからず、なかなか核心に迫れないのでしょう。

もし彼との結婚を望むのであれば、少しずつ考えを変えてもらえるようにすることが大事。まずは会う機会を増やしつつ、そこから徐々に同棲に持っていってみましょう。

段階を踏むことで、彼も少しずつ自信がつくのではないでしょうか。

3、 周りが幸せそうじゃないから

男性って「結婚して自由がなくなった」なんて言いがちですよね。そのため周囲の既婚者を見て、結婚のデメリットを感じている男性も。その結果、彼女が居つつも「俺はまだまだ独身でいたいな~」と思ってしまうようです。

こちらは「結婚は悪いことばかりじゃない」ということを、彼女側が率先して伝えていくしかないのかも。

鉄板ですが彼の好きな料理を作ったり、辛いときに支えになってあげるだけでも、彼の心境に変化が見られるかもしれません。

おわりに

男性陣も自分たちなりに、結婚についての悩みがあるようです。

そのため一方的に「何で結婚してくれないの!」と怒ってしまうと、最悪破局につながってしまう恐れも。

彼に結婚願望を持ってもらえるように、計画を立てて行動してみましょう。(和/ライター)

(愛カツ編集部)