距離感

最近、恋愛が下手としか言いようのない人が男女ともに増えているように思えます。

相手に自分の意思をしっかり伝えることが苦手で、せっかくのチャンスを逃すとか、そもそもどうやって仲良くしていいのかが分かっていないとか、

傍から見て「ああもう」と言いたくなること、よくあります。

中でもキツいのが、熱烈なアプローチと、単純に距離感が分かってないアタックを混同してしまっている人です。

距離感

■熱烈なアプローチは、やがて相手の心をこちらに向けるもの

好きな人ができた場合は、振り向いてもらうために色んな努力をするのが、結局一番の近道になります。

よほど顔が良いというのなら話は別ですが、ほとんどの場合は、自分なりにいっぱい努力をして、相手に好かれようと頑張るものです。

女性ならメイクを工夫したり、髪形を変えたり、積極的に笑顔で話しかけるなどが、

男性に「ん? なんか俺のこと好きなのかな?」と思ってもらうために効果的なアプローチになります。

これをしっかりと地道にできる人は、長い目で見れば恋愛をより楽しめる、魅力的な女性という評価を得ることとなるんですよね。

狙った相手を落とすためには、なんだかんだ言っても努力。これしかありません。

熱烈に、そして誠実に。

筋の通った思いをぶつければ、恋が成就する確率も上昇してくれます。

■距離感の分かってない“他人”のアタックは不気味

一方で、熱烈なアプローチだと勘違いして、やっちゃいけないアタックを仕掛けている人というのもいます。

そんなに仲良くないのにやたら自分勝手な話題で話かけたり、相手に聞こえるように話をしてみたり、

自分のファッションや趣味、果ては政治的な話までしちゃう人ってのが、本当にいるんです。

こういうタイプは男女ともに、異性からも同性からも評価は低くなってしまいます。

他人の自己主張なんて誰も興味がありませんし、そんな他人から距離感を無視して突撃されても、好意的に受け止めるなんて人はいません。

この手の人は往々にして良好な対人関係を構築しにくいようですが、

原因が自分にあるということがイマイチ分かっていないのか、いくつになっても改まることがありません。

距離感を掴めず、他人に友達感覚で突撃する人はモテません。

■おわりに

好きになった相手を落とすには、勢いはもちろん大事です。

しかし、勢いをつける前に、ちゃんと良好な関係を作っておかないと、なかなか上手く行かないでしょう。

よく分からない人からのよく分からないアピールほど恐ろしいものはありません。

気になる男性を落としたいなら、アプローチを仕掛ける前に、

最低限一緒に飲みに行ける関係(それも相手から誘ってもらえるレベル)を作っておくなどの下地が大事になるでしょう。(松本ミゾレ/ライター)

(愛カツ編集部)