モテる

男性からモテる女性になるためには、誘いやすい雰囲気も多少は持っておくことが大事です。

たとえ好みのタイプであっても、誘いにくかったり壁を感じたりする女性には、男性は声をかけにくいでしょう。

そこで今回は、男性に「誘われやすい女子」の特徴を紹介します。

モテる

■自分から「話しかける」

気になる男性との距離を縮めるためには、やはり会話をたくさんすることが最も重要。

普段から自然と会話ができる関係性になったら、男性も会話の流れの中で誘い出したりすることもできるでしょう。

また、女性の方から話しかけてきてくれることが多いと、男性は自分に好意を持ってくれているようにも感じます。

少なくとも嫌われている感じはしないので、デートに誘うハードルも一気に下がるはずですよ。

■「○○に行きたい」と言う

「今度飲みにでも行きましょう」とか「時間が合ったらご飯でも行きましょう」といったセリフは、どうしても社交辞令感が出てしまいます。

これだと具体性が全くないので、男性も本当に誘ってもいいものかどうか、迷ってしまったりもするかも。

「あのお店に行ってみたいんですよね」とか「あの映画、観に行きたいんです」などと、明確に言ってあげた方が男性も誘いやすいもの。

「じゃあ、今夜行ってみようよ」とか「日曜日に行こうよ」と、そのまますんなりと誘い出せたりもするでしょう。

■頭から「否定」はしない

「いや、それは違うでしょ」とか「そうじゃないでしょ」と、自分の話や意見をことごとく否定してくる女性。

そういう女性には単純にイラッとするでしょうし、価値観や考え方が全く合わない感じもするので、男性も興味が持てないはず。

頭から否定するのではなく、まずは一旦受け入れる姿勢を見せることが大事。

男性の意見に何でも従えということではなく、まずは受け入れたうえで自分の考えも述べるという形にしないと、敵対心が芽生えるだけですよ。

■「イケるかも」という感じを出す

どんなに自分の好みのタイプの女性であっても、「誘っても断られそう」だと感じる女性には、男性はなかなか声をかけることができません。

「もしかしたらイケるかも」とか「俺にちょっと気があるのかも」などと思わせることができると、男性も誘い出す勇気を持てるでしょう。

気になる男性にはいつも笑顔で接して壁をなくしたり、色々と質問をしたりして興味を持っていることを示すといいかも。

ただ、アプローチしすぎると“軽い女”のようにも思われるので、あくまでも「イケるかも」という感じを出す程度にしておくことがポイントですよ。

おわりに

素敵な出会いがあっても、誘ってもらうことができなければ、関係性を発展させることができません。

そのためにも、女性の方から誘いやすさを出してあげることも忘れてはいけませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)