捨てたくなる女

「捨てられる」。この言葉には「振られる」よりもっと強いニュアンスがあります。強引に有無を言わさず振られる……のような。

そんな強い調子で振られるのには、よっぽどの理由があるのでしょう。

今回は、男が捨てたくなる女の特徴と、その理由について男性に聞いてみました。ご紹介します。

捨てたくなる女

愛を強要する女

Aさん(32歳男性)によると「安っぽく証明を求められたとき」が捨てたくなるそう。「よくいるでしょう、すぐ『愛してるって言って』という女」

証拠が欲しいんですよね。言葉で聞きたいんです。

「あれがだめ、ゾッとする。もうその瞬間から『ダメだなこれは』って思い始める。それと『私たちいつ結婚するの』とか聞く女」

それのどこがいけないんですかね?

「ストレート過ぎるところが怖い。『そこまでにまだ関係が発展してないだろ』って思う」

愛の確認が、男性にとっては強要になってしまうのですね。

仕事を軽んじてる女

「男って仕事を頑張ってナンボでしょ。仕事が軌道に乗ってこそ。それがわかってないのか『どっちが大切なの?』と聞く女性もいまだにいます。

言わなくても機嫌が悪くなったり埋め合わせを強制したり。『じゃ、無職の奴と付き合えば』って思いますよ」と、Bさん(20代後半男性)の弁。

それには同意です。

変なファッションの女

「服装って内面が出ると思う。露骨な子は過激なギリギリの格好してたり、偏屈な子はとっぴな格好をしていて、自分がファッショナブルと思い込んでる。男って平凡な服装の子がいいんです」とはCさん。

「キャバクラのお姉さんじゃあるまいし、別の男の目を引くような服装の子はちょっと……」なのだそう。

あまり目立つと、他の男もあなたのことが気になってしまいます。彼氏である自分だけに分かる可愛さ、でいてほしいのかも知れませんね。

女を武器にする女

「彼女から誘ってきたの。そのときは『積極的でいいな』って、男だからその気になったけど、いつもこの手で誘ってるのだろうかと思うと急に腹立たしくなった。女の武器を使うのって、逆に女らしくないから」という意見もありました。

時には女を武器にする手もありますが、彼に『他の男にもしているのか?』と疑われることも。

本命に使うのはよく考えたほうがいいかもしれません。

男が女を捨てたくなるときは?

「男が女を捨てたくなるとき」は、三つあるようです。

1. 自分の責任が果たせなくなったとき

愛を強要されたり、彼女の考えについていけないと「責任を果たせるのだろうか」と思うようになる。

2. その女性のために自分の生活がマイナスになったとき

彼女がわがままになり、より強く愛を求めるようになった。そしてだんだんと仕事を理解しなくなった。彼の時間は私の時間。経済的な面でも思い通りにしたい。そんな面が現れ、失望した。

3. 女性らしさを感じられなくなったとき

スッピンでいたり、見た目に気を使わなくなると現実に引き戻される。女でなくなったと感じる。ファッションが変で我慢できないのもそう。

社会で生きていく男性は女性の優しさや細やかさを心の支えにしています。そこで女性らしさが失われてしまうと「自分はいったい何をしているんだろう、こんな女のために」と、逃げ出したくなるのでしょう。

捨てられないため、突然の強引な別れを避けるためには、以上のことに気をつけるようにしたほうがいいのかもしれません。

おわりに

別れを回避するための方法として、まずは愛されたときの第一印象をいつまでも持ち続けること。

ルックスを愛されたなら、ルックスを保ち、磨く。癒しを愛されたなら、いつまでも変わらず優しくいるように、彼が癒されるように性格を磨く、というようにします。

つまりあなたを愛した一番の部分をいつまでも持ち続けることが、愛され続けるベストの方法なのです。

(たえなかすず/ライター)

(愛カツ編集部)