周りからどんなに「良い彼氏だね!」と言われている男性でも、あなたとのカラダの相性が絶望的に合わないと、次第にあなたのことを全然大切にしてくれなくなることがあります。

「彼となんだかセックスの相性が悪いんだけど、そのせいかな?彼が全然優しくしてくれなくなって・・・」
こんな悩みを抱えている女性、案外いるのではないでしょうか?

ひと言で説明するのは難しい「身体の相性の良し悪し」ですが、男性がカラダの相性の悪い彼女を大切にしてくれないことには、残念ながらはっきりとした理由があるのです。

男女で恋人に求めるものの違いから起こるすれ違い

言うまでもなく、男性と女性は恋人に対して求めるものが大きく異なります。

女性が男性に精神的な繋がりや癒しを求めるのに対し、男性は女性に何よりも性欲を満たしてくれることを求める・・・そういったすれ違いはよくある話です。

このすれ違いは、男女とも性経験の浅い人が多い若い世代において、悲劇を生み出すことがあります。

年齢を重ねた男性の中には「何も知らない若い女を自分色に染めること」に夢中になる人もいますが、自分自身にそこまでの経験も自信もない若い男性は、

なかなか自分を満足させられない彼女に対して次第にイライラし、ついには人間性までも否定するようになることがあります。

実は筆者自身も学生時代、そのようにして破局を余儀なくされたことがありました。

身体の相性の悪い女は「すぐヤラせる女」と同じくらい男にとってメリットがない

男性にとって、性的なメリットを簡単に与えてくれる女、つまり「すぐヤラせる女」には価値がありません。

身体をゆるすということは、最大の性的メリットを男性に与えることです。

それをすぐに与えてしまった女性は、男性にとっては「用済み」となり、あとは捨てられるだけ。

もしその後も会ってもらえたとしても、真剣交際の相手とは見なされず、遊びの女・セフレ止まりとなることがほとんどです。

「きちんと付き合っていないうちに、男に身体を許してはいけません」

というお決まりの文言には、モラルや倫理面の問題だけではなく、こういった理由も含まれているのです。

「今時そんな昭和みたいな古風なことを言うなんて!」と非難されそうな意見ですが、昔も今も、身体を許さないことで去っていく男性は最初からあなたのことを遊びの女としか考えていないのは変わりません。

さて「身体の相性が悪い女」も、そういった意味では男性にとって「性的なメリットを得られない女」です。

そのため彼らは、どうしてもあなたと身体の相性が合わないと分かると、本能的に「もっと身体の相性が良い女=性的なメリットが得られる女」と取り替えたいと考えるようになるのです。

男としてのプライドが満たされない

また男性には単なる性欲だけにとどまらず、「女性を思いどおりに征服したい」という欲望もあります。

身体の相性が悪くてセックスがうまく行かないことは、彼にとっては性欲だけでなくその征服欲も満たされず、ひいては「男としてのプライド」が満たされないということになります。

男性にとって、この状況は許しがたいもの。

自分のプライドを満たせない「カラダの相性の悪い彼女」を、彼らは大切にしようとは思えなくなっていきます。

男性が身体の相性の悪い彼女を大切にしない理由について見てきましたが、いかがでしたか?

ここまで読んでみて

「結局、彼も私の身体だけが目当てだったの!?」

と、ショックを受けた女性もいることでしょう。

もちろん、ここまで極端に性欲と男としてのプライド・女への征服欲のみで生きているような男性ばかりではありません。

ただ、身体の相性が良くないことであなたへの接し方までぞんざいになるような男性は、そもそもあなたのことはその程度にしか考えていなかったということ。

早めに見切りをつけるためのリトマス試験紙になったと、前向きに受け止めましょう。(Nona/ライター)

(愛カツ編集部)