友だち以上
2018.4.20

こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。

身近なところに出逢いはあるもの……「友だち繋がりの飲み会で」というキッカケで出逢うカップルはたくさんいらっしゃいます。

そのような飲み会で、恋愛の土俵にあがらない“ナシ判定”をされてしまうのは、とても勿体ないことだと思います。

今回は、男性から「友だち以上はちょっと……」と”ナシ判定”に繋がる3つのタイプをご紹介します。

友だち以上

1、前傾姿勢!? 食べ方呑み方が雑なタイプ

食べ方や呑み方を意外と男性は見ています。箸づかいが荒々しい、口を開けて咀嚼するなど、“食べ方や呑み方が雑な印象”だとナシ判定に繋がりやすいです。

無意識に足を組む女性は多いですが、足を組むとどうしても前傾姿勢になりやすいため、酔いとあいまって犬食いのような食べ方にならないように注意が必要です。

2、依存症!? ケータイが手から離れないタイプ

目の前の相手の話を軽い相槌で流しつつ、頻繁に手元のケータイに目を落とし、ずっと誰かとLine(メール)をしているタイプ。

よく見かける方も多いのではないでしょうか?

飲み会中もケータイをずっと触っていると「ケータイの優先順位は高いの」「あなたたちといるのは退屈」という印象を与えがちに。

どうしても重要な要件があるとき以外は控えたほうが良いでしえtょう。

3、気遣いなし!? スモーカータイプ

お隣の人が食べているときでも構わずにタバコを吸い続けるタイプ。

タバコが苦手な人も増えている昨今ですので、周囲おかまいなしのチェーンスモーカーは“ナシ判定”されてしまうかも。

吸わない人がいる飲み会では「吸ってもいい?」の一言や、周りが食べ終えるのを待ってから吸う等、気づかいを忘れないようにしましょう。

いかがでしたか?

普段の習慣は、急には変えられないものです。

出逢いを棒にふらないために「やってしまっているかも」とギクッとなさった方は、気をつけてみてくださいね。(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)