好きな彼とSNSで繋がっているという方は多いと思います。

友人繋がりで知り合った相手など、唯一の連絡手段という場合もあると思いますが、再連絡するのはいつがいいのでしょうか?

SNS

仕事の様子を確認してみて

男性はSNSに仕事の様子を投稿する場合があります。

例えば、「最近残業続き」や「疲れてるから今日は早めに寝よう」という投稿がある場合は、数日連絡を控えた方がいいと言えます。

ここで「お疲れ様! 」などと連絡したくなる気持ちもわかりますが、そこはぐっと堪えましょう。

返信を促すような事になってしまうと、彼に面倒だと思わせてしまう場合があるからです。

逆にポジティブな投稿などが続いている場合は、彼の仕事も私生活も順調ということが多いので、そのタイミングで連絡をすればいい返事がもらえるかもしれませんね。

遊んだ次の日は必ず連絡を

彼とデートをしたり、グループで遊んだ次の日には、必ずお礼の連絡を入れましょう。

SNSでメッセージを送りすぎて、「引かれるかも」と遠慮することはありません。

むしろ恋愛中の義務とも言える連絡なので、SNSでしか繋がっていない相手には、きちんとSNSでお礼を言うと良いですね。

また、その日の出来事を投稿していたら、積極的に自分からも感想を送ったりするのもいいと思いますよ。

彼と遊んだ日の思い出をちょっと強めに記憶してもらえるかもしれません。

短くても1週間は様子を見て

SNSでしか繋がっていない彼には、メールやラインのような気軽な連絡を送りにくいという点があります。

意外とSNSを開いたりするのを面倒だと思っている男性は多いです。

あまりマメな連絡はせず、短くても1週間は連絡が無くても様子を見るようにしましょう。

その後、自分から伝えたい事ができた場合などは、最近あった出来事なども添えてメッセージを送ってみましょう。

その時にも、彼が仕事で疲れている様子だったら、もう数日連絡するのを待ってみるのがベストですよ。

彼のペースを大事にしてあげる

いかがでしたか?

今やコミュニケーションのツールとして欠かすことのできない存在になったSNS。

恋愛の場面でも登場することが多いので、上手な使い方を身につけていきたいですよね。

気になる彼への再連絡ができたら、次はラインやメールアドレスをゲットできるように、頑張っていきましょう!(なぎさ/ライター)

(愛カツ編集部)