2018.4.25

運命の出会いは突然やってくるもの。その瞬間を見逃さないために、常に出会いのアンテナを張っておくことが大切。今回は、運命の出会いが起こりやすい場所をご紹介します。この場所を訪れる時にはいつも以上に恋のアンテナを張り巡らせておくといいかも?!

白銀の世界はムード満点!スキー場

「友人と2人でスノボに行ったとき、たまたまゴンドラが一緒だった女子2人組がいたんです。話していると地元が近いことが判明。後日、地元で1人の子と偶然再会!スキー場で会った時とは違う雰囲気の彼女にドキドキしました。

この偶然を逃すまいと連絡先を交換し、その後付き合うことに。同じゴンドラに乗らなかったら出会えてなかったと思ったら、やっぱりゲレンデの神様はいるのかな」(26歳/自動車販売)

その場の出会いがうまくいかなくても、運命の相手であれば偶然の再会が訪れるはずです。その偶然を逃さないために、可能性が低い出会いもアンテナを張っておくことが大切なのかもしれませんね。

旅行で訪れた南国の島

「1人旅が好きで、ある島のゲストハウスに泊まった時今の彼女と出会いました。彼女も1人で旅行に来ていて、いつか南国に移住したいという夢を話してくれました。僕も南国でカフェを開くのが夢だったから意気投合。数日一緒に島を旅しているうちに付き合うことになりました。今は遠距離中ですが、夢に向けてお互いお金を貯めている最中です!」(27歳/鉄道関係)

旅先では、開放的な気持ちになりやすく、素の自分に近づきやすいもの。都会では感じられない第六感のようなものが研ぎ澄まされ運命の赤い糸を手繰り寄せるパワーも増すのかもしれませんね。

共通の趣味にもなる映画館

「映画館に入る前にパンフレットを買っていたらたまたま同じタイミングでパンフレットを見ている女性がいたんです。その後映画を鑑賞しエンドロールまで見終わり明るくなってから席を立つと、シアター内には彼女と僕の2人だけ。

まさかこれが妻との運命の出会いになるとは思いませんでした。映画という共通の趣味があるので今でも時間がある時には映画館に行ったりDVDを借りたりして映画を楽しんでいます」(29歳/美容師)

こんな身近な場所にも意外と運命の出会いがあるようです。映画は、恋愛系・アクション系・ホラー系などジャンルが多様で、席を立つタイミングもエンドロールを見終えてからの人と途中で退席する人などさまざまです。そんな中、偶然出会った2人はやはり運命の相手だったのでしょうね。

運命の出会いは、特別な場所から身近な場所までどこでやってくるかわかりません。あなたの運命の相手も、もしかしたらすぐ近くまで来ているかもしれませんよ。そんな運命の出会いがいつ訪れてもいいように、恋のアンテナは常に張り巡らせておいたほうがいいでしょう。

(愛カツ編集部)